読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

入社年度別新入社員タイプ一覧。あなたは何型?年代ごとの特徴が出てますか?今年はETC型。

メモ

スポンサーリンク

 

 

 

備忘録をかねて、入社年度別新入社員タイプ一覧を記録しておきたいと思います。

 

 

入社年度別新入社員タイプ一覧

 

 

公益財団法人日本生産性本部が毎年発表している、

新入社員の特性分析の結果

をまとめました。

 

まあ、良いことしか書いてない、悪いことしか書いてない年もありますが

 

基本的には両面あっての「型」ということで。。

 

できる新入社員になる!―「あいつになら任せられる」と言わせる84の心得 (Life & business series)

 

入社年度別新入社員タイプ、平成26年度・平成25年度は? - はてなで泣いた

 

入社年度別新入社員タイプ 日本生産性本部 平成24年度/23年度/それ以前 - はてなで泣いた

 

 

▼平成22年度

(2010年)

 

 

ETC型

 

 

性急に関係を築こうとすると直前まで心の「バー」が開かないので、スピードの出し過ぎにご用心。IT活用には長けているが、人との直接的な対話がなくなるのが心配。理解していけば、スマートさなど良い点も段々見えてくるそうです。「ゆとり」ある心を持って、上手に接することが大事

 

 

 

 

▼平成21年度

(2009年)

 

 

エコバッグ型

 

 

境問題(エコ)に関心が強く、節約志向で無駄を嫌う傾向があり、折り目正しい。小さくたためて便利だが、使うときには大きく広げる(育成する)必要がある。酷使すると長持ちしない(早期離職)が、意外に耐久性に優れた面もあり、活用次第で有用となる。

 

 

 

 

▼平成20年度

(2008年)

 

 

カーリング型

 

 

新入社員は磨けば光るとばかりに、育成の方向を定め、そっと背中を押し、ブラシでこすりつつ、周りは働きやすい環境作りに腐心する。

しかし、少しでもブラシでこするのをやめると、減速したり、止まってしまったりしかねない。

また、売り手市場入社組だけに会社への帰属意識は低めで、磨きすぎると目標地点を越えてしまったり、はみだしてしまったりということもある。

 

 

 

▼平成19年度

(2007年)

 

 

デイトレーダー型

 

 

景気の回復で久々の大量採用だったが、氷河期前とは異なり、細かい損得勘定で銘柄(会社)の物色を継続し、安定株主になりにくい。

売り手市場だっただけに、早期転職が予想される。

ネットを駆使した横のつながりで情報交換が活発だが、情報に踊らされない慎重さも必要。

 

 

 

▼平成18年度

(2006年)

 

 

ブログ型

 

 

表面は従順だが、様々な思いを内に秘め、時にインターネット上の日記を通じ大胆に自己主張する。

繊細な感受性と ブログ的なネットワーク力に優れるが、パソコンに語るだけに止まる傾向もある。

 

 

 

▼平成17年度

(2005年)

 

 

発光ダイオード型

 

 

電流を通す(=ちゃんと指導する)と、きれいに光る(=いい仕事をする)が、決して熱くはならない(=冷めている)。

 

 

 

▼平成16年度

(2004年)

 

 

ネットオークション型

 

 

ネット上で取引が始まり、良いものには人気が殺到しさっさと売れる一方で、PR不足による売れ残りも多数。

一方で、ブランド名やアピールに釣られて高値で落札したものの、入手後にアテが外れることもある。

 

 

 

▼平成15年度

(2003年)

 

 

カメラ付ケータイ型

 

 

その場で瞬時に情報を取り込み発信するセンスや処理能力を持ち、機能も豊富だが、経験や知識がなかなか蓄積されない。

また、中高年者にとって使いこなしきれない側面もある。

 

 

 

▼平成14年度

(2002年)

 

 

ボディピロー型

 (抱きまくら)

 

 

クッション性あり、等身大に近いので気分はいいが、上司・先輩が気ままに扱いすぎると、床に落ちたり(早期退職)、変形しやすいので、素材(新人の質)によっては、いろいろなメンテナンスが必要となる。

 

 

 

▼平成13年度

(2001年)

 

 

キシリトールガム型

 

 

種類は豊富、価格も手ごろ。清潔イメージで虫歯(不祥事)予防に効果ありそうで、味は大差ない。

 

 

 

▼平成12年度

(2000年)

 

 

栄養補給食品型

 

 

ビタミンやミネラル(語学力やパソコン活用能力)を豊富に含み、企業の体力増強に役立ちそうだが、直射日光(叱責)に弱く、賞味期限(試用期間)内に効果(ヤル気)薄れることあり。

 

 

 

▼平成11年度

(1999年)

 

 

形態安定シャツ型

 

 

防縮性、耐摩耗性の生地(新人)多く、ソフト仕上げで、丸洗い(厳しい研修・指導)OK。但し型崩れ防止アイロン(注意・指示)必要。

 

 

 

▼平成10年度

(1998年)

 

 

再生紙型

 

 

無理な漂白(社風押し付け)はダイオキシン出るが、脱墨技術(育成法)の向上次第で新タイプの紙(新入社員)として大いに市場価値あり。

 

 

 

▼平成9年度

(1997年)

 

 

ボディシャンプー型

 

 

泡立ち(適応性)よく、香り(個性)楽しめるが、肌(会社体質)に会わないこともある。石鹸(従来社員)以外に肌を慣らすことも必要。

 

 

 

▼平成8年度

(1996年)

 

 

床暖房型

 

 

断熱材(評価)いれないと熱(やる気)が床下(社外)に逃げる。

 

 

 

▼平成7年度

(1995年)

 

 

四コママンガ型

 

 

理解に時間がかからず傑作もある一方で市場にあふれているので安く調達できる。

 

 

 

▼平成6年度

(1994年)

 

 

浄水器型

 

 

取り付け不十分だと臭くてまずいが、うまくいけば必需品。

 

 

 

▼平成5年度

(1993年)

 

 

もつ鍋型

 

 

一見得体知れずで厄介だが、煮ても焼いても食えそう。

 

 

 

▼平成4年度

(1992年)

 

 

バーコード型

 

 

読み取り機(上司)次第で、迅速・正確・詳細な処理可能。

 

 

 

▼平成3年度

(1991年)

 

 

お仕立て券付ワイシャツ型

 

 

価格高く仕立てに時間かかり、生地によっては困難。

 

 

 

▼平成2年度

(1990年)

 

 

タイヤチェーン型

 

 

装着大変だが、装着の具合次第で安全・駆動力 OK。

 

 

 

▼平成元年度

(1989年)

 

 

液晶テレビ型

 

 

反応早いが、値段高く色不鮮明。改良次第で可能性大。

 

 

 

▼昭和63年度

(1988年)

 

 

養殖ハマチ型

 

 

過保護で栄養分高いが、魚らしくピチピチしていない。

 

 

 

▼昭和62年度

(1987年)

 

 

テレフォンカード型

 

 

一定方向に入れないと作動しないし、仕事が終わるとうるさい。

 

 

 

▼昭和61年度

(1986年)

 

 

日替わり定食型

 

 

期待したわりには変わり映えせず、同じ材料の繰り返し。

 

 

 

▼昭和60年度

(1985年)

 

 

使い捨てカイロ型

 

 

もまないと熱くならず、扱い方もむずかしい。

 

 

 

▼昭和59年度

(1984年)

 

 

コピー食品型

 

 

外見のみ本物風で手間いらずだが、歯ごたえなく栄養も心配。

 

 

 

▼昭和58年度

(1983年)

 

 

麻雀牌型

 

 

大きさと形同じで並べやすいが、中身はわからず。

 

 

 

▼昭和57年度

(1982年)

 

 

瞬間湯沸かし器型

 

 

新式と旧式の二種類存在し、反応・熱意が正反対。

 

 

 

▼昭和56年度

(1981年)

 

 

漢方薬型

 

 

煎じ方悪ければ、効き目なく副作用生じる。

 

 

 

▼昭和55年度

(1980年)

 

 

コインロッカー型

 

 

小じんまりと画一的で、外見も反応もすべて同じ。

 

 

 

▼昭和54年度

(1979年)

 

 

お子様ランチ型

 

 

何でも揃って綺麗だが、幼さ抜けず歯ごたえなし。

 

 

 

▼昭和53年度

(1978年)

 

 

カラオケ型

 

 

伴奏ばかりで他と音程合わず。不景気な歌に素直。

 

 

 

▼昭和52年度

(1977年)

 

 

人工芝型

 

 

見た目きれいで根が生えず、夜のネオンでよみがえる。

 

 

 

▼昭和51年度

(1976年)

 

 

たいやきクン型

 

 

頭から尾まで過保護のアンコがギッシリ。

 

 

 

▼昭和50年度

(1975年)

 

 

カモメのジョナサン型

 

 

群れから外れやすく上空からしらけた眼で見ている。一方でめざとい。

 

 

 

▼昭和49年度

(1974年)

 

 

ムーミン型

 

 

人畜無害でおとなしいが、大人か子供か得体知れず。

 

 

 

▼昭和48年度

(1973年)

 

 

パンダ型

 

 

おとなしく可愛いが、人になつかず世話が大変。

 

 

 

 

でも、こうして並べてみると、

 

いま「最近の若者は・・・」なんて言っているおじさん、おばさん世代も

 

新入社員のときはおなじように心配されてみられてたんだなぁ〜ということがよくわかります(笑)

 

 

 

上の世代からみると、下の世代はいつの時代も理解できないと感じてしまうものなんですね。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+