ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

2009年中に最初の子どもを産んだ女性のうち、4人に1人が結婚前に妊娠したいわゆる「できちゃった結婚」だった。25%は最初の出産ができちゃった結婚。




厚生労働省が12月9日発表した統計からです。
朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

結婚した夫婦の間に生まれた1人目のこどもでは、2009年は49万4千人のうち12万5千人と、25.3%が結婚前に妊娠していたそうです。

まあ身の周りをみても納得できるような。昔はやっぱりもっとこの割合は低かったんでしょうね。これをきっかけに結婚しているカップルも多いことでしょう。

  • 年齢別の割合

10代後半 81.5%
20代前半 63.6%
20代後半 24.6%
30代前半 12.1%
35歳以上 10.8%

20代前半と後半の間に大きな差がありますね〜。ここが女性の分かれ目ということでしょうか。20代後半まで結婚していない人はかなり計画的・・・といえそうです。

  • 地域別の割合

沖縄県 42.4%
佐賀県 37.5%
福島県 36.7%
など、東北や九州で高く、
東京都 19.5%
神奈川県 19.5%
と、関東や近畿では低い傾向に。

う〜ん・・・やっぱり田舎の方が高いんですね(笑)
他にすることがない・・・とか言われていますが、本当にそうなんでしょうか??

★結婚前に妊娠した人の割合
1985年 17.3% ←このあたりから徐々に増え
2002年 27.9% ←ピーク
そして、いまやや下がっている。景気悪化などが影響しているんでしょうか。。

これも読みたい


できてほしい人、時にはなかなかできないもの。

そう考えれば、「でき婚」もわるくないかもしれません。

0%にはならないでしょう。結婚を決めてから実際に結婚するまでに半年以上はあるでしょうから、その間に妊娠する人もいると思います。

★こどもができたから結婚する
★結婚を決めてから(実際結婚する前に)こどもができた

これは大きな違いかも。
身近な「でき婚」の方は、どちらですか?


 iPhoone3gをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterフォローお願いします

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について