読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

とうもろこしはレンジが最も簡単なゆで方!!7〜8月が旬なんですよ。電子レンジでとうろもこしを茹でる!!

スポンサーリンク

美味しいトウモロコシの紹介はこの記事の下にあります。

すぐに見たいという方は、こちらをクリック!!

 

あれ??
タイトルの最後「とうろもこし」になってるけど・・・気付いた人いるかな(笑)

 

トウモロコシは7〜8月が旬らしく・・・スーパーに立ち寄ったら山積みになってました!!

 

あぁ〜〜
ビールと一緒に食べたら美味しいだろうなぁ・・・

でも、ゆでるの面倒だなぁ・・・

と思ってたんですが、ちょっと待てよと。

 

 

これ、電子レンジで調理(っていうほどでもないか)できるんじゃないか!?と。

 

 

ということで、1本購入して帰宅。

 

f:id:AR30:20110701220939j:image:w500

 

よ〜し★電子レンジでとうろもろこし★スタート★

 

まずは・・・皮をむきます。

 

f:id:AR30:20110701221039j:image:w500

 

人間で言うと、素っ裸の状態ですね。さぞかし恥ずかしいでしょうに・・・

次に一応水で洗っておきましょうか。

 

f:id:AR30:20110701221107j:image:w500

 

水かけてるだけっぽいですが(笑)一応ちゃんと洗いましたよ。

 

水洗いが終わったら

 

 

あんまり水を切らない

 

 

この水を活用して茹でることになるので。。

 

 

いよいよ電子レンジ調理の準備に★

電子レンジでゆでるための必需品。ラップの登場です。

サランラップでも、クレラップでも。うちはクレラップです。

ここでポイント

 

 

ラップは余裕のあるサイズで

 

 

最終的にラップで巻くわけですが、このときピチピチではなく、ある程度余裕がある状態で巻く方がいいらしいです。だから、あんまりラップはケチらずに。

 

・・・で、水を切っていない状態のとうもろこしをラップにのせます。

 

f:id:AR30:20110701221149j:image:w500

 

そして若干の味付け。
塩を振っておきます。これは好みですが。

 

塩はやや多いかな?ぐらいでいいです。

裏返したりして。

 

f:id:AR30:20110701221210j:image:w500

 

塩を振れたら、ラップで巻きましょう。

 

ピチピチにしない、

余裕ある感じに巻きます

 

f:id:AR30:20110701221300j:image:w500

 

そしたら、電子レンジへ投入!!

目安ですが、600Wなら、5〜6分間でいいようです。

じっと待ちます。。。

 

・・・

 

5〜6分間待って

チーン(今はピーって言う方が多いか(笑))

取り出しましょう。

熱いので要注意!!

 

f:id:AR30:20110701222500j:image:w500

 

 

蒸れた感じになってますね。

 

この状態で放置しましょう。

熱いし、少しは蒸らした方が良いそうです。

まあ、もし待てるなら、熱くなくなるまで待っても良いと思います。

 

ラップを開いてみると・・・

 

f:id:AR30:20110701222926j:image:w500

 

はい!!おいしそうに茹で上がっています(^^)ヤター★

 

今日は半分に切って食べてみようかと。

 

f:id:AR30:20110701223028j:image:w350

 

ビールと・・・合うんだなぁ〜これが(笑)

こんなに簡単に食べられるなら、もっと早く挑戦すれば良かった...orz


f:id:AR30:20110612211618j:image

ビールを美味しく飲むための食事・・・夏場は重要です。

 

今日はとうもろこしのほか、

★焼き鳥
★えだまめ

をスーパーで購入。

とうもろこしを合わせて、強力ビールトリオの夕食でした。

 

 

美味しいとうろもこしを買おう!!

おすすめのコーンをご紹介します!

ここからすぐに買えます。

 

ゴールドラッシュ、ピュアホワイトがオススメですね〜

 

  

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+