読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

「めめじじ」「うばろんが」よんきびう隊(元アナグラム隊) from Eテレ0655 YouTube動画も

スポンサーリンク

 

 
編集

 

あんまりテレビを観ていないぼくがおすすめするテレビ番組

 

NHK教育

0655
NHKオンライン | Eテレ 0655

2355
NHKオンライン | Eテレ 2355


「0655」と「2355」が番組名です。
それぞれ毎週月曜日〜金曜日の朝6:55からと夜23:55からの5分間番組。

こちらでもご紹介↓↓↓
簡単に素早く誰でも「逆さ文字」を書く方法。さかさまの文字すぐ書ける?書いたら反転させてチェック! - はてなで泣いた
簡単な問題を解いたらわかる、あなたのこと。 - はてなで泣いた


この「0655」に登場する

よんきびう隊

f:id:AR30:20110730082155j:image
f:id:AR30:20110730082154g:image

が好きなんです(笑)観たことない人、ぜひみてください。木曜日や金曜日の朝・・・出てくることが多いかな?毎回出るわけではないようです。


いずれ消えちゃうかもですが、YouTubeの動画もどうぞ。


元々「アナグラム隊」として活動していたようですが、名前のとおり!
よんきびう隊がアピールするのはアナグラム


アナグラムとは・・・

言葉遊びの一つで、単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって全く別の意味にさせる遊び


・・・とは言うものの、よんきびう隊は「別の意味」になっていない場合も(笑)というか、ほとんどそうか(笑)


よんきびう   きんようび

めめじじ  じめじめ

うばろんが  がんばろう


それぞれの文字が書かれたプレートを持って、よんきびう隊は行進します。

すごーーく低いテンションで(笑)変なリズムにのって(笑)


そして「ピーーーー」とホイッスルが鳴ったら、並び替わってちゃんとした言葉になります。

ホイッスルが鳴るときに


「あいうえお順にならべー」

「背の順にならべー」

「涙もろい順にならべー」


の指令が出て、それにあわせて並び替えると意味がある言葉になるという・・・

意味はないんですが、好きなんです(笑)


★よんきびう隊メンバー

背の低い順

カブトムシ(カブトむし五郎)
カメ(草野カメヒト)
ペンギン(ペン田銀三)
カピバラカピバラねず実)
シカ(鹿野つのお)

みんなちゃんと名前があるんですよ。
文字数が少ないときは誰かが欠席します。
欠席した人は右上に「遠足を休んで写真にうつれなかった人」という感じで表示されます(笑)



よんきびう隊の歌が最近スタートしたんです(笑)

その歌詞は↓↓↓

進め! よんきびう隊の歌
よんきびう混声合唱



(よんきびう隊登場)
(並び順はカブトムシ・カピバラ・シカ・ペンギン・カメ)
(前から順に「う」「ば」「ろ」「ん」「が」のプラカード)

おれたちは  進む
胸に  使命いだいて
調子合わせ  進む
しぶいビートにのって

遅れるな  カメ
カブトムシ  カピバラ
とにかく  前へ進め
号令  かかるまで

そろそろ鳴るか  ホイッスル
はてさて  今日は何の順?
背の順  あいうえお順  泳ぎうまい順

うばろんが うばろんが うばろんが うばろん
「ピーーー!」
「涙もろい順にならべ〜」
(カメ、ペンギン、カピバラ、シカ、カブトムシの順に並び変わる)
(手にしたプラカードは「が」「ん」「ば」「ろ」「う」)
「がんばろー!」

おれたちは  進む
胸に  使命いだいて
おれたちは  進む
時間の  ゆるすかぎり
がんばろう がんばろう がんばろう がんばろう
がんばろう がんばろう がんばろう がんばろう



出演
カブト  むし五郎
カピバラ  ねず実
鹿野  つのお
ペン田  銀三
草野  カメヒト



『進め!よんきびう隊の歌』
 歌:よんきびう混声合唱
作詞・作曲:堀江由朗・うちのますみ・佐藤雅彦
原画:うちのますみ
アニメ―ション:永迫志乃

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+