読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneのSafari落ちる・遅い・重いは履歴/Cookie/キャッシュ削除で改善

スポンサーリンク

iPhone4になって、以前使っていたiPhone3Gと比較してインターネットの閲覧スピードがとっても速くなった気がします。

 

といっても、もう1年以上経っているのでもう実感ないですが(笑)

ただし、使っているうちに・・・


iPhone / Safari


落ちる・遅い・重い


こういう症状が出てきちゃうことがあります。

その時の改善方法。


他にも理由は考えられるので、絶対とは言い切れませんが。

(他の理由は、例えばハードディスクの空きが少ない、他のアプリでメモリーを食っている、アプリを開きすぎているなどなど)


 

★ iPhoneのSafari落ちる・遅い・重い改善方法

 


履歴・Cookie・キャッシュの削除、これでけっこう改善するようです。

※削除対応なので、「必要なデータを消しちゃった」とならないように、自己責任で慎重に。


 

◆ 設定 > Safari

 

「設定」を開き、やや下にスクロールしたところにある「Safari」をタップ。

 

f:id:AR30:20110829224151p:image:w350


 

◆ 順番に消去する

 

下の方に

「履歴を消去」
「Cookieを消去」
「キャッシュを消去」

とあります。これを順番にタップして消去します。

 

f:id:AR30:20110829224150p:image:w350 f:id:AR30:20110829224149p:image:w350


これでiPhoneのSafari落ちる、遅い、重いは、けっこう改善されます。

 

これだけが起こりえる原因ではないと思うので、誰でも絶対というわけではないですけど・・・覚えておいて損はないと思います。

 

Cookieなんかは削除しない方が良かった・・・という人もいるかもしれないので、下の項目も読んでからやるかどうか決めてはどうでしょうか。


さて、「履歴」「Cookie」「キャッシュ」って何??


という方は、下を参考に↓↓↓


 

★ 履歴

 

訪れたページのURLのことです。URLを記録しています。


 

★ Cookie

 

サイト側がみている人の端末に書き込む情報のこと。
これによって、サイト側がその人が誰かが判別できるので、同じページへいったときに自動的にIDやパスワード等が書き込まれた状態になったりする。
消去すると、保存されていたIDやパスワード等が消えるので、次にいったときにあらためて入力する必要が出てくる(セキュリティ上、保存し続けているのも問題あり?)


 

★ キャッシュ

 

よく履歴と混同されるが、履歴はURLを記録しているだけ。
キャッシュとは、ページ閲覧の高速化に使われるもの。
ページを開く場合、HTMLや画像ファイルなどページを表示するために必要なファイルをサーバからダウンロードしているわけですが、その内容をローカル(端末)に一時的に保存しておき、同じページをみにいったときにページ内容に変更が無ければ、ローカルのファイルを表示して高速化します。再度ダウンロードする必要がなくなるため、ページを早く表示することができるようになります。
これを消去すると、毎回全てダウンロードすることになり、やや表示までに時間がかかる可能性があります。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+