読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneアラーム目覚ましは電源オフすると作動しない、初心者さんは注意

スポンサーリンク

iPhoneはアメリカのメーカーである「Apple」が作っていますので。

日本の常識は、アップルの常識ではありません(笑)

なので、日本の携帯電話なら普通に行われることが

iPhoneでは行われない、というものがあります。

 

このアラームもたぶんそのうちの1つ。

よく理解してつかいましょう。

 

 

-------------ここから--------------

 

 

iPhoneをある程度使っている人ならあたりまえに知っていると思いますが・・・

 

iPhoneは電源オフにすると、 勝手に電源が入ることはないです!

 

つまり、目覚ましのためにアラームを設定しておいても 電源が入ることはありません・・・ご注意を。。

 

だから、

 

目覚ましのためにアラームを使っている人は 電源OFFにしてはダメです。

 

スリープ状態にしておきましょう。

 

だから例えば、目覚ましのためにアラームを「7:30」にセットしておいても電源がオフだとアラームは鳴りません。

 

・・・で、もし8:00に起きてiPhoneの電源を入れたら・・・その時にアラームが鳴ります(笑) 要注意ですね。

 

電源オフ状態からiPhoneを起動させてアラーム目覚ましがなってくれるようなアプリも、無いはずです。

 

それはあるとすると、「脱獄」することになるでしょう。

「脱獄」とは、アップルが推奨しない使い方をするということです。(アップルがiPhoneにかけている制限を無理やり外して使う方法、これをやるとサポート等が受けられなくなり、場合によってはOSのアップデートができなくなります)

 

iPhoneの電源オフは、本当に丸1日以上使わないとかそういう時以外は基本行わないと覚えておいた方が良いでしょう。

 

病院、飛行機、映画館など発着信してはいけないような場所では、 「携帯電話の電源をOFFにしましょう」 と案内されるところでも、

 

基本は「機内モード」です。

 

「設定」の中にあります。

 

 

●3G回線・携帯電話ネットワーク (音声およびデータ)

●Wi-Fi

●Bluetooth

●GPS 機内モード

 

とは、これらが無効になる使い方です。

 

まあ何かの試験とかなら電源オフの方が無難でしょうけど(^^; そのあと、電源を入れるのを忘れずに。

 

寝坊しないように・・・目覚ましアラームは電源を入れたままで◎

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+