ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

皆既月食、次は2011年12月10日の予定、皆既月食とは?




皆既月食

2011年12月10日(土)午後9時45分頃〜深夜にかけて起こるそうですよ。

12月10日の夜には、日本全国で、この皆既月食を始まりから終わりまで見ることができ、
日本各地で観測可能で、その状態になるのは2000年7月以来らしい。


そもそも皆既月食とは??

月が地球の影に隠れる現象

まん丸い月が、突然欠け始め、やがて赤黒く輝く。そして再び月は丸い姿に戻っていく。一夜のうちにこのような変化が見られる

だそうです。


それってどういうことかというと、

月は太陽光を反射して輝いているので、太陽光が反射しない状態になったら真っ暗になる。
月食とは、太陽−地球−月が一直線に並んで、月が地球の影に入ることで暗くなり、まるで月が欠けてしまったかのように見える現象のことです。

12月10日夜、皆既月食を観察しよう ―2011年12月10日夜、全国で好条件の皆既月食―

不思議ですよね〜。でもよく考えたら、なるほどと。


皆既月食中の月は、一般に真っ黒にはならず、多くはよく「赤銅色」と表現される赤黒い色で観察されます。しかしこの色は、皆既月食ごとに変化することが知られています。

単純にみえなくなるわけでもないんですね。


★ 皆既月食スケジュール

12月10日(土)

午後21:45 欠け始め、月食の始まり 南東の空
午後22:30 半分くらい?
午後23:05 皆既月食の始まり 南の空
午後23:58 皆既月食のおわり 南の空

12月11日(日)

午前0:30 半分くらい?
午前1:18 月食のおわり 南西の空


★ 皆既月食を見るには?


何か道具は必要?

肉眼で十分観察することができます。双眼鏡や望遠鏡があればさらによいでしょう。


どんな場所で見ればよい?

日本全国どこででも見ることができます。安全で、まわりに高い建物など邪魔なものがない場所で見ましょう。


どの方向を見ればよい?

大きく欠ける前の月は明るく目立ちますので、月が明るいうちに、早めに月を探しておきましょう。


詳しくは国立天文台のホームページで!

ちなみにインターネット中継も各地の天文台等で予定されているようです。

その一覧はこちらで。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について