ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhoneを使用するには本体温度が下がるまでお待ちください。

iPhoneを使用するには本体温度が下がるまでお待ちください。

 

アイフォーンを使用するための「温度」って知ってますか??

まあ、普通の環境で使うなら特に気にする必要はないですが・・

 

日常生活でも「高温」な場所はあります。

例えば、夏の車の中とか。。想像以上に温度が上がります。

 

そうすると、こういう表示が出て、しばらく使えなくなっちゃうんですねぇ。

 

Appleからの案内では・・

iPhone, iPad, and iPod touch (4th generation):デバイスの動作可能な温度範囲

 

 

 

 

0° ~ 35° C の場所でお使いください。低温または高温によって一時的にバッテリーの消耗が早くなったり、デバイスが一時的に動作しなくなる場合があります。

★デバイスは -20º~ 45º C の場所に保管してください。駐車した車の中の温度はこの範囲を超えることがあるので、デバイスを車の中に置いたままにしないでください。

★使用中やバッテリーの充電中にデバイスが温かくなるのは異常ではありません。デバイス内部のユニットの熱は、デバイス表面から放熱され、冷却されるようになっています。

★デバイスの内部温度が通常の動作温度を超えると、温度を調整するために次の現象が発生することがあります。

・デバイスの充電が停止する

・ディスプレイが暗くなる

・携帯電話の信号が弱くなる (iPhone 4、iPad Wi-Fi + 3G、iPad 2 Wi-Fi + 3G のみ)

・カメラのフラッシュが無効になる (iPhone 4 のみ)

・温度警告画面に、「使用するには、iPhone の温度を下げる必要があります」、「iPad を使用するには本体温度を下げる必要があります」、または「iPod touch (4th generation) を使用するには本体温度を下げる必要があります」というメッセージが表示される (画像を参照)

 

>>>対処方法

電源をオフ

涼しい所で温度を下げる

 

ちなみに、「緊急電話」だけはできる場合があるそうです。iPhoneの場合は。

 

まあ、あんまり極端な冷やし方はしないそうが良さそうですけど、

冷やさないと使えないので、冷房がかかったところで置いておくとかが良さそうです。

 

冷やすと復活、通常使用できるようになるとのこと。

 

温度センサーがついてるってことですね~アイフォーン。

 

家の中でも窓際で直射日光に長時間あてていたりすると

この症状に陥る場合がありそうです。

 

また、もっと高温になると、たぶんこの画面を通り越して本当に壊れると思います(^^;

 

とくに、車のダッシュボードに夏場放置とか・・ダメ!ゼッタイ!

このブログへメール 削除依頼について