ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhone5でGoogle Mapsアプリを使おう!App Storeで配信スタート

iPhone5でGoogle Mapsアプリを使おう!App Storeで配信スタート

Google Maps - Google, Inc.

カテゴリ: ナビゲーション, 旅行

サイズ: 7 MB

 

2012年12月13日、やっとApp Storeで配信がスタートしました。

Google マップのiPhone版。

 

上のリンクからダウンロード可能ですよ。

 

地図がネックでiOS6にするのをためらっていた人も

今すぐiOS6にして、Google Mapsアプリを入れましょう!

 

ちなみに、まだiPad向けの最適化はされていないようです。

じきに対応するものと思いますが。

 

一時は「Appleが配信を認めないのでは??」とも言われていましたが・・さすがにあの地図しかないような状況では、iPhone自体からユーザーを減らしかねない状況だったので、グーグル・マップのアプリ配信を認めたのは妥当だと思います。

 

もともと、GoogleがiOS用アプリで音声でのナビゲーション機能を提供しない・・ということから、

iOS6でGoogleMAPを外したと言われていますが・・

それ以前に使えない地図じゃ全く意味ないですもんね(笑)

 

ところが今回公開されたGoogle Mapsでは音声ナビも搭載されているとのこと。

AppleとGoogleで相談した結果・・なんでしょうか。。

そうすると、Apple純正地図は今後どうなるんでしょ??

 

「音声ナビを搭載する」となって、承認されたんでしょうね~このアプリ。

まあ、Apple側が頼み込んだ可能性もありますが。

 

とにかくやっぱりGoogle Mapsは地図アプリで最高峰!

今回発表されたアプリも、たぶん最強と言えそうです。

 

下に

Google Mapsの便利な機能・使い方

Google Mapsの機能一覧

を書いてますので、参考にしてください。

 

何がやれるのかを解説した動画があります。

 

音声ナビも、渋滞情報も、経路検索も・・しかも、ログインすることでPCとの情報同期も。

これは・・もう、地図アプリはGoogleマップで一択ですよね。

 

 

さらに、今回のGoogle Mapsの便利な機能・使い方をご紹介します。

 

★片手でズームイン・ズームアウトが可能

地図上でダブルタップして、2回目タップしたあと指を離さずそのまま上に動かすとズームイン

そのまま下に動かすとズームアウト

これ、めちゃめちゃ便利!絶対使ってください!

 

★ 画面長押しでピンドロップ

関係ない場所をワンタップでピンを削除

画面下部に現れる情報をタップして詳細

ストリートビューが見れる場合は、詳細画面下部に出現

 

★2本指上下スワイプで角度調整

とりあえず2本指で下にスワイプすると、斜め上からみるような角度になる

★2本指で円を描くようにグリグリやると地図を回転

右上のコンパスは回転時のみ出現

右上のコンパスタップで方角を元に戻す

 

★2本指左スワイプで交通状況や路線図マップメニュー

 

★デフォルトでは本体をシェイクするたびにGoogleにフィードバックを送信するかどうかの確認画面が出る

画面右上の人型アイコン→右上歯車アイコン より設定可能

 

 

では、iPhone用iOSアプリ「Google Maps」の機能を一覧で列記しておきます。

 

●デスクトップのGoogleマップと連動可能

履歴はデスクトップとモバイルとで連動

 

●マップ自体はベクトル方式で描画され、スムーズに表示

ズームイン、ズームアップ、回転などができて、さらに、2本指で傾けるとバードビューでも地図を表示することができる

 

●情報シート

詳細な店舗情報が地図とともに表示される。店舗までの経路検索なども簡単に

店舗に対する口コミやストリートビュー、店舗内の写真なども見られる

 

●ナビゲーション

カーナビゲーション機能

ナビゲーション画面では上部に通り名が表示される

通りの距離などが表示される。また下部には到着予測時間、距離などが下部に表示される。

上部の通り名の部分はスワイプできて目的地までに通る通り名が次々と表示されるようになる。

 

●カテゴリー検索

カテゴリー検索では自分が行きたい店舗のジャンル(たとえばレストランだとか)を検索すると、マップ上にその場所を赤い点で示してくれる。

検索結果が複数あれば赤い点は複数表示されるが、その中から1つの点をタップするとその店舗の情報シートが表示される。

また、情報シートをスワイプさせるとほかの検索結果の情報が見られる。

 

●交通状況・路線図・航空写真など

マップ画面の右下部を左側にスワイプさせると、交通状況や路線図、航空写真を表示させるためのメニューが表示される。

Google Earthボタンを押すとGoogle Earthが軌道される。

 

●自分のプロファイル

自宅・職場・最近の保存した場所などが登録されている。

たとえば、プロファイルが自宅をタップするとその場所から自宅までの道のりをおしえてくれる。

 

●フィードバックの送信

シェイクすることでマップ上の間違いなどを投稿できる

このブログへメール 削除依頼について