読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

「々」読み方・変換・入力方法、正式な読み方、MS-IME編、「々」の使い方

言葉

スポンサーリンク

読み方・変換方法・入力方法

 

読み方がわからないので、どうやって変換して入力したらいいのかわからない字ってありますよね〜。

 

例えばこの「々」 「佐々木」とか「多々」とか入力して前後の文字消す・・・って人もいそうですけど、明らかに不便です(笑)

 

「々」の正式な読み方は

 

同の字点(どうのじてん)

 

らしいですが、これで変換してもWindowsのOS標準搭載のかな漢字変換プログラム「MS-IME」を使っていると出てこない(笑)

 

 

ということで、変換して出すには

 

おなじ どう

 

と入れてみましょう。

 

すると、ほら入力できた(笑)

 

ちなみにATOKだと「のま」(ノマ)で出るとか 「ひだりにおなじ」で変換できるとかいう話もありますがMS-IMEではできないようです。

 

ちなみに打つ回数だけで比較すると「たた」って入れて「多々」を出して「多」を消すのも上の2つと々ぐらいの手間でやれちゃう気がします(笑)

 

この「々」は 踊り字 と呼ばれる 日本語で表すことができる特殊記号 なんだそうです。

 

その他知っておいた方がいいこととしては・・・

 

>> 「会社-社長」「民主-主義」のように意味が区切れる場合は使用しないことが原則だが、「公演会々場」のように使われることもある。特に、結婚や葬式に関しては、同じ漢字を直接繰り返すことは、再婚や不幸の繰り返しを連想させ縁起が悪いため、「結婚式々場」、「告別式々場」と表記することが多い。 二字熟語を重ねるときにも使うこともある。 部分部分 → 部分々々 後手後手 → 後手々々 原稿用紙などで語の途中で改行するときは用いない。例えば「散々」が2行に分かれるなら「散散」と書く。従って、行の先頭に「々」が来ることはない。 <<

踊り字 - Wikipedia

 

日本語は奥が深い・・・ですね(笑)

 

 


※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+