ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

剛力彩芽の「ゴリ推し」は今年いっぱい? 「来年には消える」可能性も

そうは言っても、だんだん好きになってきている自分がいる(笑)



剛力彩芽の「ゴリ推し」は今年いっぱい? 「来年には消える」可能性も(メンズサイゾー) - エンタメ - livedoor ニュース
「現場にはまだ年上のスタッフしかいないので、甘えるのがとてもうまい。堅苦しいところがなくて、相手の懐にスッと入ることができます。先輩の上戸彩だって、今でこそオヤジ転がしは上手いが、デビュー当初はそんな風には振る舞えなかった。現場で可愛がられていれば、この先も安泰だと思います。上戸の場合も、出演ドラマは低視聴率にあえいでばかりいましたが、出演作品が途切れることはなかった。単純に事務所の力だけではなく、現場で好かれているからこそなんです」(制作会社スタッフ) ...

このブログへメール 削除依頼について