ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

なぜ日本では『アヌス』ではなく『アナル』が広まったのか

変態的な話ではなくて、けっこうまじめに検証している。

なるほどと。



なぜ日本では『アヌス』ではなく『アナル』が広まったのか
『anal』とは英語で『肛門の』『けつの穴の』という意味の言葉で形容詞だ。名詞などではない。『肛門』を意味する名詞は『anus』つまり『アヌス』という言葉 ...

このブログへメール 削除依頼について