ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「相棒 X DAY」感想・レビュー・評価・口コミ、川原和久、田中圭、関めぐみ、神保悟志、木村佳乃、別所哲也、山西惇、及川光博、水谷豊、エックスデイ

映画「相棒 X DAY」

感想・レビュー・評価・口コミ、川原和久、田中圭、関めぐみ、神保悟志、木村佳乃、別所哲也、山西惇、及川光博、水谷豊

 

「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)
「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)

 

 

実は相棒シリーズは・・そんなにしっかりはみてなくて。

ただ、再放送でやってたりするとなんとなくみてる・・というレベル。

 

なので、脇役の人がどういう役なのかということはあんまり把握できてない。

 

今回の映画は、スピンオフみたいな内容で

杉下右京こと水谷豊さんが主役じゃないということはなんとなく聞いていて

そんな映画を観に行って楽しめるんだろうかと(笑)

 

でも、他に観たいものもないし、とりあえず、ということで行って来ました。

 

 

 

 

※※ ネタバレを含む可能性があります ※※

 

作品データ

 

映画   相棒 X DAY

製作年  2013年

製作国  日本

公開日  2013年3月23日

上映時間 105分

配給   東映

ジャンル サスペンス

監督   橋本一

 

 

あらすじ・ストーリー

 

謎のデータがネット上にバラ撒かれ、削除されたその直後、燃え残った数十枚の一万円札と共に男の死体が発見された。

その男は東京明和銀行本店システム部の中山雄吾(戸次重幸)。

ネットに不正アクセス、機密情報を流していた疑いでサイバー犯罪対策課にマークされていた人物だった。

殺人事件として事件を担当する警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)と、不正アクセス容疑を追うサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)は、いがみ合いながらも捜査を進めていくが、目に見えない圧力に曝され、やがて捜査は行き詰っていく。

そんな中、特命係の杉下右京(水谷豊)を始めとする面々も、謎のデータに触れ、否応無く事態に巻き込まれていくのだった。

その裏に蠢くのは、政官財の巨大な権力構造、さらには金融封鎖計画“X DAY”の存在が浮上。

伊丹と岩月は、事件の真相に辿りつけず焦燥感を募らせる……。

 

 

感じたこと・思ったこと

感想・レビュー・評価・口コミ

 

★まず、当たり前ですけど、キャラクターの背景を知ってたほうが数倍楽しいんだろうと。それは感じました。

ただ、それを除いて考えても十分楽しめました。

主役級の人がいない話でこれだけ引き込まれるのは、話の内容自体が面白かったからだと思います。

 

★架空の話ですが、実際にそういう話はあるのかもしれないと思わせるような、現実に即した話だったと思います。最近起こっていることを題材にしていることも、この映画の魅力で、最後までどういう結末になるか気にさせる部分ではないかと思いました。

 

★最終的に「決着」はついていない話。つまりスッキリする感じはありません。ただ、題材が題材だけに、「決着」はつかないものなのかも・・という気もします。もしくは続編を・・作る??いや、そういうことよりも、「答えは出ない話だよ」って言ってるように感じました。

 

★最後に「この物語はフィクションです」って出ますが、相棒シリーズが大好きなおばちゃんたちはこの映画をみて現実だと思っても・・しかたない気が。翌日銀行に走っている人もいるんだろうな・・っていうようなことを想像しました。でも、おばちゃんは・・何が問題なのかということ自体が???なのかもしれませんが。

 

★お金が空中に舞うシーンがありますが・・舞い過ぎ(笑)何分空を飛んでんねん!っていう。都会の真ん中で万札が宙を舞ったら、やっぱりみんな掴み取ろうとしますかね??自分ならどうするだろう??と考えちゃいました。

 

★サイバー犯罪対策室の人たち。たしかに転職組ばっかりだろうなっていう。「安定を求めて公務員になった」「現場刑事の無能さに辟易する」みたいなことって実際にありそうだなぁと。。いや、でもサイバー犯罪対策室自体が成果を上げるのも難しいよね。警察にいるという時点でいろんな行動に制限がかかって、新しいことを知ることができなくなる気がするし。あの部署が現実で活躍する日がやってくるんだろうか。。

 

★スピンオフでありながら、杉下右京さんはちゃっかり活躍。やっぱりおばちゃんたちは水谷豊さんの登場を心待ちにしてるのかな(笑)まあ・・あの活躍の仕方は現実にはありえない気がするけど(笑)あのシーン、けっこう短いけど、「外国のシーン」ということで撮るのに時間かかったのかもなぁ〜〜なんて。

 

★及川光博さんが登場。なぜ及川さんだったんでしょうねぇ??なんだかんだ、実は一番人気があった相棒だったのかもな?と。杉下さんと電話で話すシーンがあって、その時点で杉下さんが登場しておらず、また電話といっても本人の声がきこえない会話だったので、「いる」っていう状況だけ作って水谷さんの出演は無し??!なんて思ってたら、その後に登場(笑)「じらし」・・・作戦ですかね(笑)

 

★相棒の人気は、俳優さんやキャラクターの面白さもさることながら、話自体の面白さにあると強く感じさせてくれる映画でした。全く相棒をみたことがない人でも十分に楽しめる内容だと思います。とりあげるテーマが良い。それにしても・・X DAY・・本当に来ちゃうんですかねぇ。。

 

 

関連商品

 

「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)相棒season11 オリジナルサウンドトラック(初回生産限定)  (AL2枚組) 相棒-たった二人の特命係- 11 (ビッグ コミックス) 相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=DELUXE みんなが好きな『相棒』特命研究ファイル ドラマ『相棒』が100倍おもしろくなる本

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について