ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

乳幼児揺さぶられ症候群とは

泣き続けるこどもを激しく揺さぶってしまうことで血管が切れたりし、脳に障害を負ってしまうこと。

 

生後1〜2ヶ月が最も泣く時期で、理由なく何をしても泣く場合もある・・

という前提を知っておかないと

 

わがままで泣いていると思って

イライラした親が揺さぶってしまう・・という。

 

気をつけたいね。

 

そういう時は一時的にほっとくことも大事。


「揺さぶられ症候群」防止のDVD NHKニュース
「激しく揺さぶって泣きやませるのは、脳にダメージを与えているだけ」と、揺さぶりへの注意を促したり、「どうしても泣きやまず、いらいらしたときは、一度赤ちゃんから離れて、気持ちを落ち着かせる」などと対応をアドバイスをしたりしています。 ...

このブログへメール 削除依頼について