ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhone「Siri」音声データって保管されてる?

Talking to Siri: Learning the Language of Apple

 

iPhoneのSiriって、あの動きから考えて

データが毎回どこかへアップロードされてるんですよね??

 

そうすると、そのデータって何のために、どれくらい保管されてるのか気になりますよね。

 

しかもけっこう個人的なことを喋っていたりすると

個人情報といえなくもない。

 

友達の名前とか、行き先とかいろいろ。

 

Appleに勝手にこれを使われるのは・・困る。

と思う人も多いようで、Siriの利用に懸念を感じる人も多かったとか。

 

そこで、AppleがSiriの音声データについていろいろ語ってくれたみたいです。


アップル、「Siri」音声データの保存期間を明らかに - CNET Japan


それによると・・

 

 

Siriの音声データを扱うプロセス

 

ユーザーがSiriに話しかける → Appleにアップロードされる

 

→ユーザーに乱数を割り当て、音声ファイルに結びつける

(乱数はAppleIDやメールアドレスではない)

 

→乱数が保管される

 

 

データが削除されるタイミング

 

★6ヶ月を経過するかユーザーがSiriをオフにしたとき

乱数をユーザーのSiriファイルから切り離してユーザーとの結びつきを解除する

 

ただし、ファイル自体はAppleのテスト・製品改良に使用されるため、18ヶ月間保管される。

 

 

なるほど。

まあ、膨大なこういうデータを、もし使おうと思っても

かなりの労力が必要だし、それがお金に変わらないと意味がない。

 

軍事目的とかならありえるけど、一企業には意味がないことかもしれない。

 

ただし、やっぱり

たとえば「誰にも知られてはいけないこと」なんかはSiriに話すべきではないと思われます。

Appleという一企業に保管されてしまうので。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について