ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

「政府広報」で税金の中抜きをする電通など大手広告代理店

政府広報についてどういう扱い方がされているかは、正確にはわからないけど、

広告代理店っていう仕事がなぜ存在してるのか

正直よくわからない。

 

昔はこれがないと困るものだったのか。

 

媒体・メディアにも営業担当者はいるんだし、

もし代理店がなくても、企業側は媒体・メディアと直接やり取りして出稿するでしょう。

 

今は逆に、広告代理店を通さないと媒体やメディアへの出稿ができない。

 

これって全く理解できない構造だよね。

 



無駄づかい止まらぬ「政府広報」、製作丸投げで税金を中抜きする“広告ゼネコン”電通の手口:MyNewsJapan
広告代理店が新聞社や雑誌社から得る広告掲載の仲介料は、どの程度なのか。結論を先に言えば、不動産仲介料の比ではないのだ。価格の15%が仲介料になる。しかも、この数字は基本原則であって、広告代理店とメディア企業との力関係によっては、比率がさらに上がるという。 ...

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について