読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「監禁探偵」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、三浦貴大、夏菜、我孫子武丸原作

movie

スポンサーリンク

映画「監禁探偵」

感想・口コミ・評価・評判・レビュー、三浦貴大、夏菜、我孫子武丸原作

 

監禁探偵  映画パンフレット 監督 及川拓郎 キャスト 三浦貴大 夏菜
監禁探偵  映画パンフレット 監督 及川拓郎 キャスト 三浦貴大 夏菜

 

 

あのサウンドノベルゲーム「かまいたちの夜」のシナリオを担当したことで有名になった、我孫子武丸氏が原作の映画化作品。

 

我孫子武丸氏の小説は・・珍しくぼくがけっこう読んだ本だったので。

この映画も気になってました。

 

公開自体は6月頃にあったそうですが

うちの近くでは今になって上映されたので、みてきました。

 

 

 

※※ ネタバレあるかもです ※※

 

 

 

感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

★夏菜さん、実はいままであんまりちゃんとみたことなかったですが、この映画は夏菜さんを魅力的にみせることに力を費やした映画だと思います。たしかに・・魅力的に感じられました(笑)

 

★やっぱり設定がちょっと唐突な気が(笑)なぜ監禁されなければならないのか・・とか疑問点が多数。最後にけっこういろいろ謎が明かされていきますが、ちょっと唐突感が否めないなと。2時間程度で描くのは難しかったか。

 

★ほとんど部屋の中で展開するお話です。でも・・なんていうのかな?安楽椅子探偵・・っていうほどの謎を解決していくような話でもないので・・そういうものを期待すると拍子抜けするかも。

 

★「映画だから」というスケール感はありません。

 

★ちょっと恋愛要素もあったりして、「非リア充」向けの作品かもしれません(笑)あ、そうでない人も楽しめます。

 

★犯人は・・これまた、えぇ〜〜!?って感じですが、まあもともと「犯人を追い詰める」ことが2人の真の目的ではなかったと最後に明かされるので、それなら納得かなと。ただ、ミステリーとしては微妙。

 

★我孫子さんの作品は読者を騙すような作りになっていることが多く、これもそういう感じ。視聴者をだますための表現はいろいろあります。

 

★出演者の豪華さに頼らず、話の面白さだけで勝負した作品。それなりに楽しめると思います。そこまで暗い気持ちにはなりません。

 

★夏菜さんファンは・・みるべきでしょう(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+