読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

米良美一 新曲「Can You Hear?」公式YouTube動画PVMVミュージックビデオ、映画『終戦のエンペラー』日本版主題歌、キャンユーヒア?めらよしかず

music

スポンサーリンク

米良美一 新曲「Can You Hear?」公式YouTube動画PVMVミュージックビデオ、映画『終戦のエンペラー』日本版主題歌、キャンユーヒア?めらよしかず

 

米良美一(めらよしかず)とは

1971年5月21日生まれ

宮崎県出身。

 

「もののけ姫」の主題歌で有名に。

 

カウンターテナー

 

 

松竹がこの夏に送る大作映画「終戦のエンペラー」(7/27 全国ロードショー)のサウンドトラックより、日本版のオリジナル主題歌として米良美一­が歌唱した新録曲「Can You Hear?」のミュージックビデオを公開。

映画のプロデューサーを務めた奈良橋陽子が作詞、ゴダイゴのタケカワユキヒデが作曲、­同じくゴダイゴのミッキー吉野が編曲を担当。豪華楽曲に仕上がっている。

スコアは「ラスト・キング・オブ・スコットランド」などで高い評価を受けた英国出身の­Alex Heffesが担当。70年代のオーケストラ・スコアを敬愛する彼ならではの丁寧な仕­事は今作でも健在。

 

【商品情報】

「終戦のエンペラー」オリジナル・サウンドトラック/V.A.

2013年7月24日発売 ¥2,625(税込)

【曲目】

1) Can You Hear?

2) Opening Title

3) Lets Get it Done

4) Aya

5) The Investigation

6) Tokyo 

7) Nothing is Black and White

8) Fellers and Aya

9) Trapped in a vice

10) Rebellion

11) Time is Running out

12) The Imperial Palace

13) Reading the Letters

14) We Did Our Duty

15) Imperial Convoy

16) The Emperors Speech

17) End Title

18) Ayas Theme Piano Solo

 

 

 

「終戦のエンペラー」オリジナル・サウンドトラック
「終戦のエンペラー」オリジナル・サウンドトラック

 

米良美一

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+