読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

肥満抑制の遺伝子発見

暮らし

でも太ってる人を調べても

ここに異常がある人が多いってわけではないんだね。

 



肥満抑制の遺伝子発見=壊すとマウス体重2倍―名古屋大 (時事通信) - Yahoo!ニュース
この遺伝子は脳の視床下部で働く「MRAP2」。研究グループはMRAP2を遺伝子操作で壊したマウスと通常のマウスに、生後1カ月から150日間、好きなだけ餌を食べさせた。  遺伝子操作マウスの方が1割ほど多く食べ、体重は通常マウスの2倍の50グラムまで太った。脂肪の燃焼量や運動量に差はほとんどなく、餌の量が同じになるよう調整しても、遺伝子操作マウスの方が太ったという。 ...

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について