ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

800年前から「ウナギを食べると災いが起こる」という言い伝えを守る村

こんな言い伝えを守り続ける村・・

現存するんですね。

 

ドラマの題材になりそう。

 

山口県の「鯖地区」と言われる場所らしい。

 


大きな地図で見る

 

30戸50人が暮らす場所。

今まで一度も食べたことないらしい。




朝日新聞デジタル:「ウナギ食べると災い」 サバ村の教え受け継ぎ800年 - 社会
その当時の出来事が、言い伝えの起源だ。隣村で捕れた大ウナギが配られ、みんなで食べると、その夜、腹痛を訴える村民が続出。3日後には村全体に疫病が広がり、半数近い村民が死んでしまった。 ...

このブログへメール 削除依頼について