読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

松井秀喜が語った「5連続敬遠」

スポーツ

スポンサーリンク

まあ、やっぱり大物というかなんというか。

たしかに敬遠自体は慣れっこだったと言われれば、納得です。

 

 

「敬遠自体はあの試合だけじゃくて、それまでも何度もありましたので、ほかの敬遠となんの違いもなかったんですけどね。敬遠されたことに関しては何も悔しさだとか、そういう感情みたいなものはそんなになかったですね。負けたことだけですよね、悔しかったのは。あの作戦に対する気持ち、個人的な気持ちは全然なかったですね。僕も最後の夏でしたし、仲間たちともっと試合したかったという気持ちが強かったので、負けた悔しさだけが残りましたね」

 

「やはり高校野球のあの甲子園の舞台で、5回敬遠されるっていうことは、過去にも、それ以降も、おそらくなかった事だと思いますので、自分自身があそこで敬遠されたバッターだということを、どこかで証明しなくちゃいけないっていう気持ちが、心の中のどこかにあったと思うんです。

そういう意味ではエネルギーになったと思うし。自分が努力するというか、頑張っていく、力になってくれたんじゃないかっていう気はします」。

 

「どの選手も当然ながらやっぱり、全力を出し切って、悔いの残らないようにやろうと思ってるだろうし、そうしてると思いますし。ただ野球ですから、必ず結果は出ますよね。勝つチームがあれば負けるチームもあるし、打てるバッターがいれば、打てないバッターがいるし、抑えるピッチャーがいれば、打たれるピッチャーもいるし、結果は必ず出ますけど、でもね、自分がやってきた野球を、思う存分、最高の場所で発揮して欲しいな、ただそれだけですね」

 



松井秀喜、伝説の「5連続敬遠」語る 『熱闘甲子園』にゲスト出演 (オリコン) - Yahoo!ニュース
自らも甲子園を沸かせ、1992年の夏の甲子園での“5打席連続敬遠”は、今も高校野球ファンの間で語り継がれている。そんな松井氏が、巨人時代の2002年以来となる甲子園に帰ってくる。「高校野球は、僕にとっては原点」という松井氏。あの夏の“5打席連続敬遠”が「自分が努力する、頑張っていく、力になってくれた」と振り返る。 ...

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+