ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」も更新していきます(笑)

ラビット関根と命名した人物、関根勤へ改名させた師匠

全肯定!  関根流・ポジティブ人生相談

関根勤さん。

昔は「ラビット関根」という芸名だったこと・・

 

若い人は絶対知らないですよね。

たぶん40歳以上の人しか知らないんじゃないかということでした。

 

で、実はラビット関根も関根勤も名付け親は有名な方だそうで。

 

 まず、「ラビット関根」ですが

こちらは

 

『ヤングタウンTOKYO 桂三枝の大放送』で、桂三枝師匠がその干支から『ラビット関根』と命名

 

ということだそうで、桂三枝さん・・というか、今は桂文枝さんになったんですかね?

 

で、その後・・

 

萩本欽一さんの番組に出演するにあたり、欽ちゃんから「そんな変な名前のヤツを出したくない」と言われ、関根勤へ改名することになったそうです。

 

「関根勤」は本名だそうです。

 

ただ、もともとラビット関根を桂三枝さんが名づけたと欽ちゃんは知らなかったらしく、「それなら言えよ(笑)」とあとから言われたそうですが。

 

 



ラビット関根→関根勤に変わったワケ | 世界は数字で出来ている
関根勤「大学3年生の時に『ぎんざNOW!』に出て」 設楽「5週勝ち抜きしたんですよね」 関根勤「そうです」 設楽「面白いヤツだってことで、テレビに出てみようと思ったんですか?」 関根勤「素人バンドみたいに、素人コメディグループを組んでたんですよ」 日村「あぁ」 ...

このブログへメール 削除依頼について