読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

アニメ映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」感想・口コミ・評価・評判・レビュー「あの花」めんま、じんたん、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ

映画

スポンサーリンク

アニメ映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、めんま、じんたん、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ

 

ついに観にいっちゃいました・・

号泣必至の映画「あの花」

 

これは・・みたらきっとハマるだろうからと

みることを避けてきたアニメで、結局みてしまい

 

見始めたらとまらなくなって

1話から最終話まで一気にみてしまったという・・(笑)

 

アニメ好きならハマること間違いなしの作品ですよね。

 

 

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。Original Soundtrack
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。Original Soundtrack

 

 

主題歌はアニメの時と同じ、ガリレオ・ガリレイが歌う

サークルゲームです。

サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
サークルゲーム(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

 

 

 

※※ きっとネタバレがありますので、ご了承の上お読みください ※※

 

f:id:AR30:20130719134351j:plain

 

 

アニメ映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

とりとめもなく、思ったことを列記します。

 

★挿入歌!西野カナの「会いたくて、会いたくてふるえる・・」が入ってて・・このブログの副題にも使っているので、なんだか嬉しかった(笑)あなるの歌う西野カナ。カラオケのシーンって、あえて下手目に歌わなきゃいけないだろうから難しいだろうな〜なんて思いました。

 

★「secret base~君がくれたもの~」ももちろんあり。これが流れたところぐらいからは涙がとまらなかった・・。ちょうど話の盛り上がりに合わせて効果的に使われているし・・そもそもこの曲って聴いただけで切なくなりますもんね。

 

★もともとは単なる総集編として作るつもりだったと、制作側のコメントがどこかで公開されていました。その後、このアニメに対するファンの熱い想いを知って「これではいけない」と大幅に新しいエピソードや映像を増やしたとか。

 

★あの事件から1年後を描いたお話。みんなの後日談でありつつ、過去のこともさらにたくさん振り返られる作品。結末が変わるわけではないけれど、この劇場版をみることで、より「あの花」のことが理解できる、そういう作品だと思います。

 

★みんな髪型が変わったりして、少し変化してる。

 

★この作品の今後・・って観てみたいような、観たくないような。作ろうと思えばできると思うんですよ。超平和バスターズのメンバー内だけでもいろいろ恋愛模様があるし。でも、その話にはめんまは出てこないだろうから・・きっと別の作品になっちゃうだろうなぁ。

 

★「超平和バスターズ」というのは、劇中でのメンバーのグループ名というだけでなく、原作としてクレジットもされているというのを、映画のエンドロールで初めて知った。

 

★埼玉県秩父市・・行ってみたくなった(笑)

 

★懐かしさ・・があるんですよね。別に自分が経験した子供時代とは違うんですけど。憧れ・・でもあるんですかね?あんな子供時代だったら楽しかっただろうな・・みたいな。・・そういうことを思ってそうな、おっさんたちがいっぱきてました映画館(笑)自分も含め。

 

★柱に書かれたメッセージ。「超平和バスターズ」のあとに続く文字を、いつどうやって書いたんだろう??と想像するのがちょっと楽しかった。

 

★エンドロールのあとにも少しだけ映像あり。やっぱり、めんまは花へ生まれ変わったのかな?

あの花=勿忘草(わすれなぐさ)

花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」だそうです。

f:id:AR30:20110624091408j:plain

f:id:AR30:20130906141022j:plain

 

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+