ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

堺雅人がドラマ「半沢直樹」打ち上げで語ったコメント

ドラマ「半沢直樹」はすでに映画化や続編が期待されていますが・・

主演の堺雅人さんはどう思って演じていたのか。

 

ドラマはすでに撮影が終わっているらしく

打ち上げが行われたとか。

 

そこで堺さんが語った内容が伝わっているのでご紹介。

 

f:id:AR30:20130914093116p:plain

 

「多くのドラマに出演させていただきましたが、初めて001番の(通し番号が振られた)台本を手にして気合が入りました。でも熱く真っ直ぐな半沢をやればやるほど、僕とは正反対な男だなぁと何度も噛みしめる場面がありました。僕はこれまで妥協しがちで“ハードルは低く”を心がけてきたので(笑)」

 

「正直、僕自身こんなに反響があるとは思ってもみませんでした。きっと言いたいことを我慢している半沢直樹が、日本中にいるからなんでしょうね。間違っていることを間違っていると筋を通す姿が受け入れられたんだと思います」

 

「またみなさんと一緒にお仕事をしたいと思います」

 

ということで、

続編も視野に入っているということですかね??

 

原作者の方次第ってとこかな。

TBSは作りたいでしょうから。

 

 



堺雅人 『半沢直樹』打ち上げで明かした本音「またやりたい」 (女性自身) - Yahoo!ニュース
「みなさん堺さんのところへ挨拶に行くため、列ができていましたね。堺さんは恐縮しきって、何度も頭を下げていました。Tシャツにジャケット、メガネという地味な格好からか半沢のような存在感はなく、最初は堺さんだと気づかない人もいました」(ドラマ関係者) ...

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について