読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「キャプテンハーロック」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、小栗旬、三浦春馬、蒼井優、古田新太、福田彩乃

映画

スポンサーリンク

映画「キャプテンハーロック」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、小栗旬、三浦春馬、蒼井優、古田新太、福田彩乃

 

キャプテンハーロック~オリジナル・サウンドトラック
キャプテンハーロック~オリジナル・サウンドトラック

東映アニメーションから出た新作映画

「キャプテンハーロック」を観てきました。

 

昔のアニメをリメイクした・・っていうのは知ってるんですが

実は元の話を全くしらない。

 

知ってても良い年代なんですけどね、こども時代は宇宙ものに興味なかったので。

 

スポンサーリンク

で、知らない人間がみてどう思ったか・・

という視点で感想を書いておこうかなと。

 

 

 

 

★感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

★まず、本作とは関係ないですが、3Dでみた感想。「3Dである必要はないな」と。みてるうちに慣れてくるし、正直どうでもよくなってくる。そして、たまに「そういえば3Dだった」と思い出すことでなんとなく話に集中できなくなるような気がして・・。3Dって、テレビとか映画には必要ないな・・と感じました。

 

★CGがすごい。これは予告みたときから思ってたし、そういうものをみせたい!という気持ちで作られたから当たり前だろうけど、やっぱりすごい。実写に入り込んでるCGとはまた違い、アニメチックな部分もあえて残してある。たとえばキャラクターの顔とか。あえてアニメっぽくしてる部分あり。だけど、最後らへんではもはや俳優が演じているような気持ちでみてた。あえて実写ではなく、こういうアニメCGでの映画っていうのもいいなと思わせてくれました。実写よりなぜかウソっぽく感じない気がしてよかった。宇宙・未来の話だし、実写だとどうしても「それはちょっと・・」って思いそう。

 

★キャラクターの動きはきっと、モーションキャプチャーとかで実際の人間から取ってるっぽかったので、かなりリアルだったと思う。

 

★プロメテウスよりよっぽど面白かった!って比較が悪い??

 

★声優さん、主要キャラクターは俳優さんがやってましたが、なかなか良かったと思う。下手ではなかったし。ただ、小栗旬さんはちょっと声を作ってたと思うんだけど、その必要ってあったのかなと。それが逆に気になってしまった。まあ演技は良かったと思う。

 

★原作を知らないからか・・変な期待をせずにみられたので話としてもけっこう楽しめたと思う。ただ、原作の要素を少しでも取り込みたいという思いからか、いろんな要素が入りすぎてて、逆に説明しきれてないから必要なかったのでは?と思う部分おあった。これ、元の話を知ってる人からすると「全然違う話」なんだろうけど、それで逆に良かったと思う。

 

★僕としては「キャプテンハーロック」という名前で出してしまったがゆえに観る人を制限してしまっているのでは?とちょっと残念に思った。普通の映画として出てればもう少しみる人の幅も広かったのではと。ただ、まあそうはいっても、ハーロックの名前がないと注目はされないだろうから・・どちらが良かったかは微妙。。

 

★キャプテンハーロックという元の作品が作りこまれているのか、それとも今回の話がよく考えられているのかはわからないが、とても惹き込まれる世界観・ストーリーだったと思う。短い時間で、何の下知識もない人間がみて内容をある程度理解できたので、話の流れも良かったんだろうと。

 

★元の作品をみてみたいな〜とちょっと思ったけど、調べたらやや話が違うようで、この映画の世界の方が魅力的に感じてしまったため、元の作品の方は観る気になれなかった。

 

★日本で「宇宙もの」の映画を作るなら、こういう形のアニメCG映画がいいと思う。実写でいろんな人種出すのもちょっと受け入れづらいし、逆に日本人ばっかりでもおかしい。アニメCGなら受け入れやすく、アニメを活用することで「日本の映画」として世界でアピールできる気がする。もともとあるアニメ原作のものじゃなくて、オリジナル作品が出てくることを期待したい。

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+