読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

鉄道の強風時運行基準、何mの風が吹いたら運転中止するのか会社別

鉄道

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鉄道って・・台風がくるととまるイメージですよね。

 

 

プラレール S-31 211系近郊電車

プラレール S-31 211系近郊電車

 

 

 

すごい迷惑・・

と思う人もいるかもですが

 

実際に、強風時に運行して

横倒しになる事故というのも発生してしまったことがあるそうです。

 

もし横倒しになったりしたら・・すごく危険。

ということで、強風時には運転を中止したり、速度制限をしたりするわけですが

 

では、いったい風速何m/秒になったら運転を中止するのかというと

これは鉄道会社によって基準が違うみたいです。

 

ちなみに気象庁によると・・

 

風速30m/s以上

…特急列車並みの速さ。多くの樹木が倒れる。ブロック壁が倒壊することも。

 

風速25m/s以上

…高速道路の自動車の速さ。養生の不十分な仮設足場が崩壊する。

 

風速20m/s以上

…何かにつかまっていないと立っていられない。屋根瓦が飛散することも。

風速15m/s以上

…風に向かって歩けなくなる。屋根瓦がはがれることも。

 

ということだそうです。

 

こちらで紹介されていました。

 

f:id:AR30:20131018064253j:plain

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+