読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone 盗難・紛失対策 設定方法まとめ

iPhone

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大事なデータが詰まっているiPhone。

そのiPhoneをもし無くしてしまったら・・

 

もしくは、誰かに盗まれてしまったら・・

 

怖いですよね。

 

 

白ロム docomo iPhone5S 64GB ゴールド ME340J/A

白ロム docomo iPhone5S 64GB ゴールド ME340J/A

 

 

 

支払い情報が入ってたり、

連絡先などの個人情報が詰まってたりで。

 

便利に使えば使うほどに

大事なデータの塊になっていくiPhone。

 

そのiPhoneには、普段から盗難に遭った場合や

紛失に備えて準備をしておく必要があります。

 

そこで、iPhoneの盗難対策・紛失対策設定方法をまとめました。

 

 

1.パスコードロック「簡単なパスコード」をオフ

 

まず、パスコードロックの設定は必須です。

これを設定していないと、誰かが拾った瞬間からiPhoneは使い放題です。

 

設定 > 一般 > パスコードと指紋認証

 

で「パスコード」を「オン」にしましょう。

その上で「簡単なパスコード」を「オフ」にしましょう。

 

通常の「簡単なパスコード」だと、数字4桁だけですが

「簡単なパスコード」をオフにすると、

アルファベットや数字を含んだ、長いパスコードが設定可能になります。

 

さらに、「パスコードと指紋認証」の下の方に

「データを消去」がありますが、こちらを「オン」にしておきましょう。

 

これで、パスコード入力を10回失敗したら

自動的にiPhoneのデータが全て消去されるようになります。

 

※パスコードは絶対忘れないように

※バックアップの設定をしっかりしておけば、データが消えてもすぐに戻せます

 

 

2.「iPhoneを探す」を設定しておく

 

まず、アプリ「iPhoneを探す」が入っていなければインストールしましょう。 

iPhoneを探す

iPhoneを探す

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 その上で、

 

設定 > iCloud > iPhoneを探す

 

ここを「オン」にしておきましょう。

無くなったときに、iPhoneの所在地を確認したり

遠隔でデータを消したり、音を鳴らしたりすることが可能です。

 

ぼくも一度これに助けられたことがあります。

 

※無くして、「iPhoneを探す」を活用してiPhoneの場所を特定した場合、場所の精度には若干のズレがある場合があるので、注意。たとえばぼくの場合、「駅から50mぐらい先の道路・交差点に落ちている」と表示されていましたが、実際には駅の事務室で預かられていた状態でした。ちなみに、駅等では携帯電話は拾ったらすぐに電源を切るそうです。個人情報保護(駅員もみない)のためだそうです

 

 

3.ロック画面からコントロールセンターへのアクセスを不可に

 

設定 > コントロールセンター > ロック画面でのアクセス

 

ここを「オフ」にしましょう。

これが「オン」だと、ロック画面状態でもコントロールセンターにアクセスして「iPhoneを探す」を無効にしたりできてしまうそうです。

 

 

4.ロック画面からSiriを使えないようにする

 

Siriさんはいろいろ便利なことをお話してくれるんですが

話しちゃいけない人にも話してしまうことがあるらしく。

 

ロック画面でSiriが使えると、

Siriに「私は誰?」とかって聞くと、事前に登録してあった場合

丁寧にSiriが、持ち主の名前や住所、アドレスや電話番号等まで話してしまうことがあるようです。

 

また、その他の情報が漏れる可能性もあるので

Siriはロック画面では使えないようにしましょう。

 

設定 > 一般 > パスコードロックと指紋認証 >

 

「ロック中にアクセス許可」の「Siri」を「オフ」にしておきましょう。

 

 

5.Safari等、ブラウザにパスワードやクレジットカード情報等を残さない設定にしておく

 

ブラウザにパスワードやクレジットカードの情報が残っていると

いろいろやり放題になってしまいます。

 

ただ、これは残さないことにすると不便な部分もあるので

設定するかは個人の判断になると思います。

 

Safari以外のブラウザにも同じような設定があるかと思いますが

Safariの場合の設定方法を。

 

設定 > Safari > パスワードと自動入力

 

「ユーザー名とパスワード」

「クレジットカード」

の項目を「オフ」にすれば、保存されなくなります。

 

 

6.SIMカードをPINコードロックする

 

iPhoneにはSIMカードが入っていますが

このカードを抜き取って、他の端末で使われると・・

料金請求されたりする危険性が。。

 

まあ、無くしてすぐ気づけば、

キャリアへ連絡して回線をとめる、という方法もありそうですけど、

念のため。

 

「PINコードロック」とは

SIMカードを使うのに、PINコードというパスワードが必要になる設定です。

 

これをやると

★デバイスを復元するとき

★再起動したとき

 

なんかにPINコードの入力を求められるようになります。

なお間違ったコードを何度も入力すると・・

SIMカードが永続的にロックされて使えなくなるらしいので、忘れないように要注意。

 

設定 > 電話 > SIM PIN

 

「SIM PIN」をオンにして、4桁数字のPINコードを設定します。

 

 

・・ということで、

設定できてない人は・・お早めにどうぞ!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+