読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「人類資金」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、オダギリジョー、寺島進、豊川悦司

映画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画「人類資金」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、オダギリジョー、寺島進、豊川悦司

 

予告を映画館でみて、観てみたいと思っていた作品。

 

なにやら壮大な話?

サスペンス??

 

といろいろ期待してみにいったところ・・

 

 

※※ ネタバレあります ※※

 

 

 

人類資金1 (講談社文庫)
人類資金1 (講談社文庫)

 

 

ストーリー

 

1945年、敗戦を不服とする反乱兵たちが日本軍の秘密資金を持ちだしていた。総量600トンにも及ぶ金塊を回収しに来た笹倉雅実大尉は、この先、資本という怪物を相手に戦うことになると見据え、金塊を軍に戻さず海へ沈める。2014年、父と同じくM資金詐欺の道を進む真舟雄一(佐藤浩市)は、相棒の酒田(寺島進)といつものように交渉を進めようとしたところ、彼を追っている北村刑事(石橋蓮司)が現れる。逃げようとする真舟に石優樹(森山未來)と名乗る男が近づき、“財団”の人間が真舟を待っているので同行してほしいと告げる。日本国際文化振興会、前身は日本国際経済研究所というその“財団”の名は、何者かに謀殺された父が死の間際にためていたノートの中にあり、真舟自身も詐欺をするときに使っているものだった。M資金は実在するのか、実在するなら一体何なのか。真舟は石の言葉に導かれるように“財団”のビルへ向かう。そこへ、防衛省の秘密組織に属する高遠美由紀(観月ありさ)とその部下・辻井(三浦誠己)らが現れ、真舟を阻止しようとする。逃げる真舟と石に向かい、このままでは消されると忠告する。翌朝、真舟と石はあるビルへ向かい、そこで本庄一義(岸部一徳)と会う。本庄は、M資金を10兆円盗み出すことを真舟に依頼。報酬は50億用意するとのことだった。仮の名を“M”(香取慎吾)という真の依頼者も現れ、かつて日本復興のために使われたものの今や単なる投資ファンドになり下がっているM資金を盗み出しマネー経済の悪しきルールを変えたいと話す。カネでカネを買うマネーゲームが世界を空洞化させており、そんな世界を救いたいという“M”に共感する真舟。破格の報酬とM資金の正体を知りたいという欲求が合わさり、真舟はこの話に乗ることにする。現在M資金は投資顧問会社代表を務める笹倉暢彦(仲代達矢)が率いる“財団”によって管理されているが、その実権はニューヨークの投資銀行が掌握。M資金を盗み出すために、真舟らは世界規模のマネーゲームを企てる。そんな彼らは、先物取引で失敗し、財務操作を重ねて損失隠しをしている財団の極東支部となっているロシア・極東ヘッジファンド代表の鵠沼(オダギリジョー)に目を付ける。計画が順調に進んでいるように見えたが、たった一つミスをおかしたことから事がうまく運ばなくなる。そんな異常な動きをニューヨーク投資銀行のハロルド・マーカス(ヴィンセント・ギャロ)が察知し、すぐさま清算人(ユ・ジテ)と呼ばれる暗殺者を真舟や石のもとに送り込む。真舟や石は監視され、追い詰められていく……。

 

 

 

 

 

感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

★森山未來さん、日本人っぽい外国人役でしたが、それがとてもうまかったです。片言の日本語っていうんですかね?あと、アクションもすごかったですよ。カッコイイ役者さんというわけではないと思いますけど、真に迫る演技ができる人だなと思いました。

 

★香取慎吾さん・・正直、なんかしっくりこないんですよね・・なんでしょう?賢い人の役やってるときはいつもあんまりしっくりこない。踊る大捜査線での犯人役もそうだったし。たぶんそういう役向いてないんじゃないでしょうか。バラエティのキャラとかけ離れてるっていうのも影響してるのかな。

 

★観月ありささん。映画ではあまりみかけない気が。ドラマではいつも主役!のイメージ。ドラマ女優さんっていうイメージが強すぎるかも。

 

★オダギリジョーさん。主役ではなく、しかもけっこうかっこ悪い役だったので非常に意外だった。そろそろ「脇役」としての道を模索し始めてるってところ・・でしょうか。

 

★ぼくは実は・・途中で一度寝てしまいました。。なんでしょう、物語がうまく理解できないというか。話がよくわからないまま最後までいってしまった感じ。みてて「よくわからない」感がつきまとって・・途中で寝てしまうという。。

 

★みるまえの想像では「サスペンス」的なものを期待していたのに、全く違う、そして「え??こういう最後なの・・??」というラストで、ぼくにとっては「コレジャナイ感」が半端ない映画になってしまいました(笑)

 

★本当はもっと深みのある話なのかもしれませんが、映画の尺におさめるために端折り過ぎたのか・・・まあぼくの理解力が足りないだけという可能性もありますが、みている人に「話がよくわからない」と思わせてはいけない気がします。

 

★とにかく感情移入できるわけでもなく、途中で興味を失ってしまい寝てしまいました。俳優さんそれぞれにいろいろ思った・・ということ以外にはとくに感想がないです。盛り上がりにもかけるし・・。

 

★あと、邦画ファンからすると、字幕を多用される映画はイヤです(笑)それだけで眠くなります(笑)

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+