ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」も更新していきます(笑)

映画「清須会議」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、松山ケンイチ、伊勢谷友介、三谷幸喜監督

スポンサーリンク

映画「清須会議」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、松山ケンイチ、伊勢谷友介

 

三谷幸喜さん、原作・脚本・監督作品

「清須会議」をみてきました!

 

三谷さんのドラマやこれまでの映画もいろいろみてきましたので

今回も期待して・・ですが、いったどうだったのか・・

 

 

清須会議 (幻冬舎文庫)

清須会議 (幻冬舎文庫)

 

 

映画「清須会議」感想・口コミ・評価・評判・レビュー

 

※ネタバレもありえます!ご注意を※

 

 

 

★まず・・点数をつけると、70点ぐらいかな・・。「すごく良い映画」とか「めちゃくちゃおもしろかった」という感じではなかった

 

★とにかく今回は笑いが薄め。「ここが一番笑えた」というところが正直みつからない。コメディが得意な三谷さんの作品としてはちょっと物足りない感じ。

 

★ので、「一番の山場」っていうのも正直わからないような映画だった。

 

★時代劇、とくに戦国時代を描いているのに戦いのシーンが全くない、というのはとてもおもしろい設定で、作品舞台は他にはないものになっていると思う。でも、いったい何を楽しめばいいのかが正直つかめなかった。

 

★きっと人間模様を楽しむ作品なんだろうなと思うが、それがすごく面白いというわけでもなくハラハラするという感じでもない。なぜかな・・

 

★で、どこかのサイトにも口コミで書かれていたけど、たしかにこの作品は映画向きではないかもしれないなと。たぶん舞台とかでやった方が面白いんじゃないかと思う。やっぱり舞台脚本を書かせたら天下一品・・という監督の特徴があらわれているのかも。なんというか、映画らしさみたいなものが伝わってこず、映画にする意味あるの・・という気も。無理して映画作らなくても・・と。

 

★鈴木京香さんと剛力彩芽さん。化粧がすごい。これは・・きっとわざとでしょうが、どちらもお世辞にも「キレイ」とは言えない感じだった(笑)まあそういう人が戦国時代はモテたってことなのかもですが、やっぱり妖怪に見えちゃうと(笑)それが実は史実に即しているのかもしれないんですけどね。剛力さんなんて目が小さいのが強調されちゃって・・誰だかわからない感じに。鈴木京香さんはシワが気になったな・・

 

★本編の話と全く関係ないけど、妻夫木聡さんの鼻の形が西洋人みたいだった。あれ、付けっ鼻???

 

★天海祐希さん。忍者役。

 

★西田敏行さん。前作と同じ「更科六兵衛」役での登場(笑)

 

★空が青い。とにかく青い。コメディらしさをそこでも表現してたのか。

 

★日本史に興味をもつきっかけにはなる映画じゃないかとは思った。このあと丹羽長秀ってどうなったの??とか池田恒興は・・とか。秀吉と柴田勝家のことは知っててもそれ以上のことは知らない人が多いし。

 

★三谷作品・・好きだけど、映画では「コレ!」と言えるほどのものがなかなか無いなと思うのが正直なところ。「ラヂオの時間」が一番おもしろかったかな。あれも完全に舞台っぽいけど。

このブログへメール 削除依頼について