読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone5S ケース おすすめ人気Amazonランキング

iPhone

スポンサーリンク

もうiPhone5Sは入手できましたか?

 

なかなか手に入らなかったiPhone5Sを大事に使うためには

ケースやカバーが必須です!!

 

ケースやカバーがあれば、

本体の破損や傷を守ることができるだけでなく

手から滑り落ちたりすることが減り、画面の保護も可能になります。

 

iPhoneのケース・カバーには

選ぶポイントといろいろな種類があります。

 

 

■iPhone5Sケース・カバーの形状

 

ケース・カバーといっても全て同じ形なわけではなく

いろんな形状があります。

 

ケース・・・側面と背面を守る

バンパー・・・側面を守る

手帳型・・・全面を覆う

袋・カバン・・・袋状の入れもの

 

 

■iPhone5Sケース・カバーの素材

 

硬い素材から柔らかい素材まであります。

硬い素材は防御力が弱い分薄い、

やわらかい素材は厚めではありますが、衝撃から守る力は強い。

 

硬いものはハードケース、プラスチック、

柔らかいものはシリコーンやTPU等があります。

 

また、革のケースなら高級感を演出できるでしょう。

 

やわらかい素材と硬い素材、

それぞれの特徴をどうぞ。

 

 

★ソフトタイプ


「シリコンジャケット」

やわらかい、衝撃に強い、手になじむ、デザインがシンプルよく落としてしまう人にはオススメ

 

「ソフト(シェル)ジャケット」

素材がTPU、シリコンよりも硬く丈夫、衝撃に強い、手触りさらさら、ホコリが付きにくい、装着しにくい

※TPU=熱可塑性ポリウレタン ウレタンゴム、ウレタン樹脂とも呼ばれる、プラスチックの一種

 

 

★ハードタイプ


「ハード(シェル)ジャケット」

ポリカーボネイト製、硬い素材、表面テカテカ、デザインが豊富、厚さ0.8mmと薄い、手脂が目立つ、ケースに傷がつき易い
薄くて“つけてる感”があまり無いのが良い人にオススメ

 

 

「ラバーコーティングシェルジャケット」

ラバーコーティングされているので、手になじみやすい

 

 

 

★ハイブリッドタイプ


「ハイブリッドジャケット」

熱可塑性ポリウレタン(TPU)+ポリカーボネイト
背面側と側面側で異なる素材を使う、背面は透明度の高いポリカーボネイトを使って端末の素の色を楽しむことができ、側面には手によく馴染むTPUを使用

 

 

 

★レザー・布タイプ

本革のものからポリウレタンの合皮まで、手になじむ、高級感あり
布タイプは袋のものが多い
スタイリッシュなものを望む人にはオススメ

 

 

 

◆絵、キャラクター、ブランドロゴ入り


これは見た目の話、自分の好きな柄を選びましょう!
ワンピースやディズニー、キティちゃん等の好きなアニメキャラクターだけでなく、有名ブランドロゴの入ったケースもありますよ。

 

それでは、商品ラインナップが充実している

Amazonから、おすすめの人気ランキングをご紹介します。

 

iPhone5S用のケース・カバーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本未発売 iPhone5/5sケース 海外セレブ愛用 GossipGirlモデル 黒

日本未発売 iPhone5/5sケース 海外セレブ愛用 GossipGirlモデル 黒

 

 

 

docomo au SoftBank iPhone5 iPhone5S 対応 Applus キャラクター ハード クリア ケース カバー ジャケット (林檎泥棒)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンダイ 進撃の巨人 iPhone5,5S対応 キャラクタージャケット 調査兵団 MSK-01A

バンダイ 進撃の巨人 iPhone5,5S対応 キャラクタージャケット 調査兵団 MSK-01A

 

 

 

 

 

 

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+