ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

江戸時代・花魁との遊びにはいくらぐらいかかったのか。

スポンサーリンク

花魁(おいらん)といえば、江戸時代の遊女ですが

かなりの人気で、しかも高貴なイメージがありますよね。

 

「吉原」です。

 

実際の裏側は病気にかかって大変な思いをしたりと

かなり大変な職業だったようですが・・

 

利用する側からみると、それはそれは

高嶺の花にみえたとか。

 

NHKの歴史秘話ヒストリアでやっていました。

 

 

で、実際に利用するとなると

お金を払えばすぐオッケーというわけではなくて

 

 

1回目

 

花魁をもてなす宴を催す

 

花魁は上座、自分は下座で

会話をすることもなくただお酒の席をもうける

 

 

2回目

 

2回目は「裏を返す」というそうです。

花魁が気にってくれれば上座に座ることができる

 

 

3回目

 

初めて花魁の部屋に通され

夫婦のようにふるまうことを許される

 

 

というようなステップをふむことになるので・・

 

それはそれはお金がかかるみたいで。

 

 

男女の仲になるまでにかかる費用が

現在の日本のお金に換算すると

 

ざっと

 

200万円ぐらいとか。

 

 

一般市民には・・無理(笑)

 

 

図説 吉原事典 (学研M文庫)

図説 吉原事典 (学研M文庫)

 

 

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について