読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

大容量の動画を送信する方法、無料・Gmail・iPhone・スマホ・アプリ・YouTubeから動画をダウンロードする方法

インターネット PC

スポンサーリンク

スマホやiPhoneでも簡単に大きいサイズ、キレイで高画質・大容量の動画を撮影することができるようになりました。

 

ただ、撮った動画を人にみせたい・送りたい時に・・

何GBもある動画を簡単に送ることはできないですよね。

 

そりゃ、メールに添付できません(笑)

 

ので、ちょっと工夫しないと大容量の動画を送信することができません。

 

ではその方法は??

ということで考えてみました。

 

実際にやってる方法ですが、かなり便利ですよ!

 

 

基本的には、受け取る側が簡単に動画を確認できれば良いわけです。

そうすると一番簡単なのは・・

 

YouTubeを使う

 

という方法です。

 

簡単に言うと、撮った動画をYouTubeへアップロードして

そのURLを受け手へ送ればOK。

 

え??

他の人にはみせたくないんだけど・・

 

それは・・できます!!

ここがミソで、YouTubeにアップロードしてしまうと

たいていの人は「全世界に公開される」と思ってしまっているんですが

そうではありません。

 

 

では具体的な方法を。

 

 

YouTubeのアカウント

 

YouTubeのアカウントをもっていればすぐできますが

もし持っていなければすぐに作りましょう。

まあYouTubeのアカウントはGoogleのアカウントと同じなので・・ほとんどの人が持ってるんじゃないかと思いますが。。

 

で、YouTubeにログインしてください。

 

※まずはPCでのアップロード方法

 

 

YouTubeにアップロード

 

そうすると、上部に「アップロード」というボタンがあるかと思います。

そこをクリックするとアップロードするファイルを選択する画面が出ると思います。

 

その時に、その下にある「プライバシー」の項目を「限定公開」にしましょう。

 

公開・・・・全世界に公開、だれでもみられる

限定公開・・その動画の存在を教えてもらった人だけがみられる、それ以外は検索しても出てこない

非公開・・・アップロードした本人だけがみられる

 

「限定公開」にして動画ファイルをアップロードしましょう。

そしてアップロードが終了したら、その動画のURLをGmailでも何でも相手に送ってあげれば相手は動画をみることができます!

 

ちなみに、YouTubeはアップロードした直後は「動画の調整」をやってくれてたりするので、例えば本当に大容量の動画だと、アップロード後しばらくしないと再生できない状態です。

 

アップロードさえできれば、あとはYouTube側での処理なので画面は一度閉じてもOK。

しばらくしてから自分のアップロードした動画をもう一度確認して再生できる状態になっていればそのURLを送ってあげればいいんです。

 

「アップロード」の横の▼ボタンを押す、もしくは自分のアカウント名のところを押すと「動画の管理」というのがあると思います。そこをクリックするとアップロードした動画を選べます。

 

ちなみに、アップロードしてから「公開」「限定公開」「非公開」の変更も可能。

けど、公開したくないものは必ずアップロードする時点で「限定公開」か「非公開」を選ぶように注意しておきましょう!

 

 

iPhoneから動画を送る方法

 

このGoogleのアプリを使えば、動画をYouTubeへアップロードするのは簡単です。

 

YouTube Capture

YouTube Capture

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

具体的な使い方は省略しちゃいますが

PCの時と同じようにアップロードするときに「限定公開」を選ぶようにしておきましょう。

このアプリから簡単にメールでURLを送ることも可能です。

 

 

YouTubeから動画をダウンロードする方法

 

では、上の方法で動画を送って、みてもらうことはできるとして

やっぱり相手の手元に送りたい、

相手に保存してもらいたいという時は??

 

ただまず言っておくと

大容量の動画を保存するのは大変ですし、PCやハードディスクの容量をかなり圧迫するのでオススメはしません。

 

YouTubeにおいておけば、いつでも外出先からでもみられる上に

保存する場所を確保しておく必要もない。

 

YouTubeのサービスが終了したら消えるんじゃ・・

っていうのはありますが、

その前に、保存していたハードディスクやPCが壊れる可能性の方が高いし

毎回DVDに焼くのは相当な労力です。

 

それでもどうしても手元に保存したいという方は・・

こちらのサイトを使ってダウンロードしてみてください。

 

このサイトだと、動画だけでなく動画から音だけをMP3として保存することもできるみたいです。

 

2つご紹介します。

どちらも難しくないので・・こちらも使い方は省略・・(笑)

 

Offliberty - evidence of offline life

YouTube Video Converter and Download - ClipConverter.cc

 

ということで、

大容量の動画を送信する方法としてはYouTube

 

それをユーチューブからダウンロードすることも可能

 

 

ということで・・

 

ぜひ活用してみてください!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+