読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone指紋認証の精度を上げる方法、エラー・失敗しないようにしたい方への2つの方法

iPhone

スポンサーリンク

iPhone5Sになってから便利になったこととして

指紋認証があると思います。

 

ロックからの解除がパスワード入力だけでなく

指で触れるだけでできるようになったんですから

かなり楽。

 

・・が、なぜか登録した指に反応しない!

ロックが解除されない!

エラーが出る・・

スポンサーリンク

 

という症状に悩まされているかたに

iPhone指紋認証の精度を上げる2つの方法をお伝えします。

 

どれだけの効果があるのか正確にはわからないのですが

少なくともぼくは効果があるように感じています。

 

 

1.登録する指を限定する

 

設定 > 一般 > Touch IDとパスコード > Touch ID

 

ここで指を登録しますよね。

 

で、登録できる指紋の数は5個。

 

ここで工夫ですが・・

1本の指は1つの枠にしか登録できない

というルールはありません。

 

ということで、要は1本の指を複数の枠に登録するんです。

 

もっというと、1つの枠に複数の指を登録することも可能!

・・って言ってる意味わかります??

 

ちなみにぼくは

 

指紋1 右親指(指の真ん中から上の方にかけて)

指紋2 左親指(指の真ん中から上の方にかけて)

指紋3 右親指(指の真ん中から下の方にかけて)

指紋4 左親指(指の真ん中から下の方にかけて)

指紋5 右親指&左親指(指の真ん中より左右寄りの方)

 

という場所を意識して認識させました。

とくに「指紋5」の1つの枠に複数の指登録って・・可能なの!?

って思いますが、可能です。ちゃんと認識されます。

 

1回認識させるごとに指を変えていくんです。

 

ぼくの場合は基本的に、どちらの手でも親指しか使わないと決めて

親指で設定しましたが、特定の1本の指しか使わないなら

たとえば人差し指1本で5枠使うのも可能。

 

これでけっこう精度が上がります!

 

 

2.すでに登録した指のデータさらに加える

 

これは本当に登録されてるのか実際には不明ですが

たしかに精度が上がった気がします!

 

さきほどと同じ指紋登録画面にいきます。

5枠とも登録されていて「指紋を追加」がタップできなくなっていると思います。

f:id:AR30:20140204100844p:plain

 

 

しかし!!

 

しかし・・

 

この画面が開いた状態で・・

すでに登録している指を、ホームボタンにのせてみてください。

押すのではありません。押すとホーム画面に戻ってしまいます。

 

のせるだけです。

すると・・

 

その指を登録した枠がグレーに一瞬光ります。

 

f:id:AR30:20140204101053p:plain

 

これだけです。

どうやらこれだけで、すでに登録されている枠に指紋のデータが追加されてるようなのです。

 

なので、一瞬光ったら、また指をほんのすこしずらして

ホームボタンをさわる・・

また光る・・

また少しずらしてさわる・・

 

をこれを繰り返します。

 

 

 

Touch IDがうまく動作しないようだったら

ぜひ試してみてください!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+