読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

2016年度は石原さとみ!東京メトロのテレビCM歴代出演女優・モデル一覧、使用曲・キャッチコピー

企業 鉄道

スポンサーリンク

2016年度の東京メトロCMイメージキャラクターは、

女優の

 

石原さとみ

さんでした。

f:id:AR30:20160402210212p:plain

www.youtube.com

 

 

 

東京メトロのテレビCMといえば

いつも、その年やその前年ぐらいに人気者だった人が

出演しているイメージがあります。

 

女優さんやモデルなど、

女性タレント・芸能人が出演。

スポンサーリンク

 

これまで出演されてきた方

誰だかわかりますか?

 

ということで一覧にしてみようと思います。

 

 

 

 

初代(2004年度) 井川遥(山田孝之)

f:id:AR30:20160402205309p:plain

f:id:AR30:20160402205313p:plain

 

2代目(2005・06年度) 山田優 

f:id:AR30:20160402205359p:plain

www.youtube.com

 

3代目(2007~09年度) 宮崎あおい 

f:id:AR30:20160402205435p:plain

 

4代目(2010年度) 新垣結衣 

f:id:AR30:20160402205504p:plain

 

 

5代目(2011年度) 杏 

f:id:AR30:20160402205625p:plain

 

 

6代目(2012年度) 武井咲 

f:id:AR30:20160402205659p:plain

 

 

7代目(2013年度) 堀北真希 

f:id:AR30:20160402205846p:plain

www.youtube.com

 

キャッチコピー

2004年度 - 「東京ポジティブで行こう」「ココロも動かす地下鉄へ。」

2005年度 - 「東京スピード」「東京のスピードで楽しもう。」→「東京はポジティブに楽しもう。」(JR福知山線脱線事故が発生したため、キャッチコピーが変更となった)

2006年度 - 「東京□.net」「東京の楽しみをつなぐチカラ。」

2007年度、2010年度 - 「TOKYO HEART」「メトロが心をつないでく。」(キャッチコピーの再利用は初めて)

2008年度 - 「DO! TOKYO HEART」

2009年度 - 「TOKYO HEART」「東京にもっとハートを。」

2011年度 - 「TOKYO WONDERGROUND」(東日本大震災の影響により開始が1か月遅れた)

2012年度 - 「We are the Tokyo Navigator」

2013年度 - 「Color your days.」

2015年度 -  「Find my Tokyo. メトロでみつかる、わたしの東京。

 

イメージキャラクター

初代(2004年度) - 山田孝之・井川遥

2代目(2005年度 - 2006年度) - 山田優

3代目(2007年度 - 2009年度) - 宮﨑あおい

CM挿入歌は『Tales』(RIP SLYME)

4代目(2010年度) - 新垣結衣

CM挿入歌は『福笑い』(高橋優)

5代目(2011年度) - 杏

CM挿入歌は『新しい文明開化』(東京事変)

6代目(2012年度) - 武井咲

CM挿入歌は『メトロに乗って』(斉藤和義)

7代目(2013年度) - 堀北真希

CM挿入歌は『Hey girl! 近くても』(松任谷由実)

『アイネクライネ』(2014/米津玄師)

『となりのメトロ』(2015/YUKI)

8代目(2016年度) - 石原さとみ

『my town』(YEN TOWN BAND)

 

from 

東京地下鉄 - Wikipedi

 

で、使用楽曲を一覧にした記事を公開しました。

こちらもどうぞ。

 

 

東京メトロのCMの歌歴代一覧 - はてなで泣いた

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+