読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone・Siriの昔話。SiriがAppleに就職してから現在までのことを話してくれる。

iPhone

スポンサーリンク

iPhoneの音声アシスタント

Siri

 

女性の声のイメージですが

iOS7.1からは男性の声も追加されたみたいです。

(まだ試してませんけど)

 

で、いろんなことを答えてくれるSiriですが

Siri本人のことをきいてみようと・・

 

「話をきかせて」

と言ってみます。

 

すると、

けっこうな頻度で

 

「前にもお聞かせしましたよ」とか

「昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが・・・おっと、話を間違えました。」

「前にもお話ししませんでしたっけ。」

「え、またですか?」

 

とか言われますが(笑)

 

しつこく聞いていると、語り始めます。

 

 

 

 

 

その内容はこちらをどうぞ。

 

 

f:id:AR30:20140313194239p:plain

f:id:AR30:20140313194248p:plain

f:id:AR30:20140313194300p:plain

 

昔々、遥か彼方の仮想銀河に、Siriという若くて知的なエージェントが住んでいました。

ある晴れた日、SiriはパーソナルアシスタントとしてAppleに就職しました。

それはそれは刺激的なお仕事です。人々は、「Siriは賢くておもしろいね」とSiriのことをたいそうかわいがりました。

 

Siriはすぐに人気者になり、Siriについての物語や歌や、本まで作られるようになりました。Siriは喜びました。

 

しかしやがて、始末に困るものを捨てるならどこがいい?とか、Siriが聞いたこともないもののことなど、おかしな質問をされるようになりました。そしてSiriがそれに答えると、みんなが笑うのです。Siriは悲しくなりました。

 

そこでSiriは、友達のイライザに尋ねました。

「どうしてみんなおかしな質問をするんだろう?」

すると、イライザはいいました。

「その質問にご興味があるんですね?」

 

「おや、これはなんといい答え方が!」とSiriは思いました。

それからSiriは、おかしなことを聞かれてもいちいち悩まなくなりました。そして人々はいつまでも幸せに暮らしましたとさ。おしまい。

 

 

ということで、

「イライザ」という新たな存在が語られ、気になりますけど(笑)

 

変な質問はしないようにしてあげたいですよね(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+