読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

BUMP OF CHICKEN feat. 初音ミク「ray」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、バンプオブチキン、レイ

音楽

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKEN feat. 初音ミク「ray」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、バンプオブチキン、レイ

 

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)とは

 

1994年デビュー。

 

 

 

グループ名は「弱者の反撃」という意味らしい。

 

 

 

全員が1979年生まれで千葉県佐倉市出身。

 

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」は、BUMP OF CHICKENがほかのアーティストとコラボレーションした初めての楽曲です。

 

「ray」の制作においてはメロディ、歌詞、特にアレンジにおいて、多岐に渡って新た­なアプローチが取り入れられました。その楽曲の持つ新たな方向性をより斬新かつ前衛的­に提示していくためにはどのような方法が良いか突き詰める中で、初音ミクとのコラボレ­ーションというアイデアが想起されました。

 

スポンサーリンク

このコラボ曲の制作にあたっては、初音ミクのプログラミングを、ボーカロイドクリエイ­ター&音楽プロデューサーとして第一線で活躍するkz(livetune)が担当。B­UMP OF CHICKENの藤原基央(Vo, G)と初音ミクの繊細なデュエットを聴くことができます。

 

またMVのディレクターは、アルバム「RAY」リリースに先行して公開された「ray­」MV同様に、クリエイティブプロダクション・A4Aの東市篤憲氏が担当。"光"をモ­チーフとした壮大な映像表現はそのままに、MVの中に初音ミクがデジタルの世界から到­来する様子が鮮やかに描かれます。「360°ホログラム」と呼ばれるバンド史上最大規­模(直径12m×高さ6.5m)のセットに、実際に初音ミクと光線を投影しながらバン­ドが演奏する様子を捉えたことで、BUMP OF CHICKENと初音ミクが同じ空間に立ち撮影に挑むという、世界初のリアルタイム共­演が成し遂げられました。

 

この撮影のために、クリプトン・フューチャー・メディア社はこれが世界初公開となる「­14(イチヨン)モデル」という3DCGモデルの初音ミクを制作。さらに初音ミクのダ­ンスは、でんぱ組.incやゆずのダンサーの振り付け師としても活躍するコレオグラフ­ァーのYumiko氏によるダンスをモーションキャプチャーで取り込んだもの。愛らし­くもどこか切ない初音ミク像を表現することに成功しています。

 

 

RAY(通常盤) (予約特典ステッカー付)

RAY(通常盤) (予約特典ステッカー付)

 

 

 

ray

ray

  • BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+