読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

LINE電話の仕組み、格安の理由

LINE

スポンサーリンク

これはあくまで詳しくない

素人が想像しただけの内容なので、その前提で。

 

LINE電話は・・

普通の電話ではないそうです。

 

ですが、電話番号の通知はされる。

(ドコモ宛など、一部通知されない場合もありますが。)

 

IP電話・・に分類されるみたいにどこかでみましたが・・

実際どういう仕組になっているのか・・

 

「電話」の仕組み ?回線交換からLINEまで?

 

スポンサーリンク

 

「コールバックサービス」というのがあります。

 

コールバックとは、電話をかけ返してもらうということです。

コールバックサービスとはあなたが話しをしたい相手に電話をかけ返してもらうのではなく、相手と自分との間に第三者の中継をはさみ、その第三者にかけ直してもらうサービスです。

主な手順は以下のようになります。

?自分の電話番号、かけたい相手の電話番号をコールバックサービス提供元に入力する。

?コールバックサービス提供元から自分に電話がかかる

?コールバックサービス提供元からかけたい相手に電話がかかる。

電話がつながる。

 

この仕組みは、中継元となコールバックサービス提供元会社が、電話料金が安い地域であることを利用して、コールバックサービスから自分へ電話をかけ、とかけたい相手にもコールバックサービス電話をかけ、両者をつなぐという流れによって、格安の電話料金を実現

 

コールバックによる割安通話サービス - ソフトフォン.JP

 

 

LINE電話は

どうやらこの仕組みに似ているらしい。

 

日本から一度、海外の通話料が安い国へ電話をかけて

そこから転送して国内へ発信

 

ということらしい。

 

 

日本からその海外の国への電話はインターネット経由

つまりIP電話だと思います。

 

そこからは電話回線経由・・

 

ということで、IP電話かどうかという部分は微妙・・

 

 

LINE電話から電話がくると「+81」が頭につきます。

これは日本から海外へかけた時に「にほん」を表す番号ですね。

 

一度海外へつながりそこから日本へ戻る。

 

 

国を超えているのにその方が料金が安い

というのが、日本の電話料金がいかに高いかを表わしていると思います。

 

 

海外には発信番号を自由に設定するようなサービスがあり、

それを活用して、携帯電話番号を表示させている模様。

 

auやSoftBankはそれを表示することを許可しているようですが

ドコモは許可していないと。

 

まあキャリアそれぞれにルールがありますので

どちらが良いかは比較が難しいですが。

 

 

LINEは

 

「複数の大手回線事業者のプレミアム回線を採用し、通信量が多いことが見込まれる主要対地間の専用回線使用やOS・端末別最適化にも注力し、クリアで途切れにくい音声品質を実現している」

 

と公表しているようですが

 

プレミアム回線とは・・どの部分を指しているんでしょう??

あと、音声品質は、携帯キャリアの通常電話と比較すれば確実に落ちますが・・

それが許されるレベルかどうかは個人の判断かと思います。

 

こういう仕組みであるので、

 

110番や119番等の緊急電話に対応してないそうなので

その点も注意が必要ですね。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+