ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iOS7 メモリ開放アプリ iPhone5S以降で使える「iMemoryGraph」

メモリ開放・・

 

iPhoneの動きが遅くなった時、

動きを軽くするために

 

メモリ開放といって

アプリが使っているiPhoneの機能を停止させます。

 

そうすれば、iPhoneの動きが軽くなって

本当に使いたいアプリが軽快に動くようになります。

 

バックグラウンドにあるアプリも

案外iPhoneの動きを遅くしているので・・

 

もし動きが遅くなることが頻繁にあるようなら

メモリ開放ができるようにしておきましょう。

ゼロからはじめる iPhone 5s スマートガイド ドコモ完全対応版

スポンサーリンク

 

メモリ解放の一番簡単な方法は電源のオン・オフですが

ちょっと時間がかかる・・

 

ので、メモリ開放用のアプリで

すぐにできたら一番良い。

 

 

のですが、iOS7になってから

メモリ開放ができない、という話もよく聞きます。

 

ので、使えるアプリをご紹介します。

 

 

 

iMemoryGraph

iMemoryGraph

  • Junichiro Komizo
  • ユーティリティ
  • 無料

 

こちらのアプリを使います。

 

無料・・とありますが、

メモリ開放を使うには、アドオンの購入が必要です。

 

まあ、安いので

メモリ開放できるなら、ぜったいに買いだと思います。

 

iMemorygraphを上のリンクからダウンロードして

iPhoneにインストールしましょう。

 

その時は無料です。

 

 

次にiMemoryGraphを開いたら

右下の「設定」をタップ、

 

広告を削除

アドオンの購入

 

のようなボタンがあるので、

それをタップして購入。

 

すると・・

 

下の画像のように

ゴミ箱マークの下に電波?みたいなマークが登場します。

 

f:id:AR30:20140429080243p:plain

 

これがメモリ開放ボタンです。

 

これを押せばメモリ開放が可能!

 

お試しあれ!

このブログへメール 削除依頼について