読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東京メトロ駅名一覧、駅数

鉄道

スポンサーリンク

東京メトロの駅名を列記します。

路線は9路線です。

 

銀座線

丸ノ内線

日比谷線

東西線

千代田線

有楽町線

半蔵門線

南北線

副都心線

 

駅数は全部で179駅です。

 

f:id:AR30:20140509155601p:plain

 

スポンサーリンク

 

それぞれラインカラーがあるみたいですね。

それでは駅名一覧をメモします。

 

 

銀座線

 

浅草

田原町

稲荷町

上野

上野広小路

末広町

神田

三越前

日本橋

京橋

銀座

新橋

虎ノ門

溜池山王

赤坂見附

青山一丁目

外苑前

表参道

渋谷

 

19駅

 

 

丸ノ内線

 

池袋

新大塚

茗荷谷

後楽園

本郷三丁目

御茶ノ水

淡路町

大手町

東京

銀座

霞ケ関

国会議事堂前

赤坂見附

四ツ谷

四谷三丁目

新宿御苑前

新宿三丁目

新宿

西新宿

中野坂上

新中野

東高円寺

新高円寺

南阿佐ケ谷

荻窪

 

方南町

中野富士見町

中野新橋

 

28駅

 

 

日比谷線

 

北千住

南千住

三ノ輪

入谷

上野

仲御徒町

秋葉原

小伝馬町

人形町

茅場町

八丁堀

築地

東銀座

銀座

日比谷

霞ケ関

神谷町

六本木

広尾

恵比寿

中目黒

 

21駅

 

 

東西線

 

中野

落合

高田馬場

早稲田

神楽坂

飯田橋

九段下

竹橋

大手町

日本橋

茅場町

門前仲町

木場

東陽町

南砂町

西葛西

葛西

浦安

南行徳

行徳

妙典

原木中山

西船橋

 

23駅

 

 

千代田線

 

北綾瀬

綾瀬

北千住

町屋

西日暮里

千駄木

根津

湯島

新御茶ノ水

大手町

二重橋前

日比谷

霞ケ関

国会議事堂前

赤坂

乃木坂

表参道

明治神宮前(原宿)

代々木公園

代々木上原

 

20駅

 

 

有楽町線

 

和光市

地下鉄成増

地下鉄赤塚

平和台

氷川台

小竹向原

千川

要町

池袋

東池袋

護国寺

江戸川橋

飯田橋

市ケ谷

麹町

永田町

桜田門

有楽町

銀座一丁目

新富町

月島

豊洲

辰巳

新木場

 

24駅

 

 

半蔵門線

 

渋谷

表参道

青山一丁目

永田町

半蔵門

九段下

神保町

大手町

三越前

水天宮前

清澄白河

住吉

錦糸町

押上(スカイツリー前)

 

14駅

 

 

南北線

 

目黒

白金台

白金高輪

麻布十番

六本木一丁目

溜池山王

永田町

四ツ谷

市ケ谷

飯田橋

後楽園

東大前

本駒込

駒込

西ケ原

王子

王子神谷

志茂

赤羽岩淵

 

19駅

 

 

副都心線

 

小竹向原

千川

要町

池袋

雑司が谷

西早稲田

東新宿

新宿三丁目

北参道

明治神宮前(原宿)

渋谷

 

11駅

 

副都心線は、和光市〜小竹向原間について

有楽町線と同じ駅、同じ線路を使用

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+