読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

今後の最新の記事は、ほとんど、顔だけ黄色い人というブログで公開しています。このブログもたまに更新します(笑)

じゃんけんで勝つ方法、必勝法・科学的心理研究から導き出された最強の戦略

これは中国で実際に研究した結果から導きだされたものだとか。

 

読んでみて、なるほど!

と思った(笑)

 

 

ただ、同じものを相手も読んでいた場合、

当然意味をなさないけど(笑)

 

あくまで自分だけがこの法則を知っていれば・・

けっこうな確率で勝てるというもの。

 

1回勝負ではなくて、連戦する場合の話。

ということは、これで勝ちたいなら、

1回勝負は避けて、複数回勝負を申し出た方が良いことになる。

 

成功する人は、なぜジャンケンが強いのか (青春新書インテリジェンス)

スポンサーリンク

「あるプレーヤーが1回目のじゃんけんで相手に勝った場合、2回目のじゃんけんで同じ手を繰り返す可能性は、手を替える可能性よりもはるかに高い」という。一方、あるプレイヤーが2回以上負けた場合、そのプレイヤーは手を替える可能性が高い。しかも、相手が自分を負かしたときに出した手ではなく、前回相手に勝てたはずの手に替える可能性の方が高いという。

例えば、ある人がチョキを出してグーの相手に負けたとすると、その人は、グーに勝てるパーに替える可能性が高い。研究によれば、これはまっとうな戦略だという。なぜなら、相手は勝っている限り同じ手を使う可能性が高いからだ。論文の著者らは、これを「win-stay, lose-shift」(勝てばキープ、負ければスイッチ)戦略と呼んでいる。

 

ついに科学は「じゃんけんで連勝できる方法」を解明した « WIRED.jp

 

ということで

 

じゃんけんで勝つための戦略はこうなる。

 

 

1回目のじゃんけんで負けた場合

 

相手が直前に出した手に勝てる手を出す

 

例えば、

自分 グー

相手 パー

 

だったら、次は

チョキを出す

 

※相手は同じ手を出す可能性が高いため

 

 

1回目のじゃんけんで勝った場合

 

自分が先ほど出した手に負ける手に変える

(相手が1回目に出した手に変える)

 

自分 パー

相手 グー

 

だったら、次はグーを出す

 

※相手はパーに勝てるチョキを出す可能性が高いため

 

 

これ、知ってるだけでかなり違うような気がする。

よく考えてじゃんけんやろうね!

 

 

じゃんけん強い人は、こういうことができてるのかな?

自然に。

 

 

というより、

できるだけ同じ手を出さない

 

それだけでもけっこう違うってことだよね。

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について