読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

じゃんけんで勝つ方法、必勝法・科学的心理研究から導き出された最強の戦略

スポンサーリンク

これは中国で実際に研究した結果から導きだされたものだとか。

 

読んでみて、なるほど!

と思った(笑)

 

 

ただ、同じものを相手も読んでいた場合、

当然意味をなさないけど(笑)

 

あくまで自分だけがこの法則を知っていれば・・

けっこうな確率で勝てるというもの。

 

1回勝負ではなくて、連戦する場合の話。

ということは、これで勝ちたいなら、

1回勝負は避けて、複数回勝負を申し出た方が良いことになる。

 

成功する人は、なぜジャンケンが強いのか (青春新書インテリジェンス)

スポンサーリンク

「あるプレーヤーが1回目のじゃんけんで相手に勝った場合、2回目のじゃんけんで同じ手を繰り返す可能性は、手を替える可能性よりもはるかに高い」という。一方、あるプレイヤーが2回以上負けた場合、そのプレイヤーは手を替える可能性が高い。しかも、相手が自分を負かしたときに出した手ではなく、前回相手に勝てたはずの手に替える可能性の方が高いという。

例えば、ある人がチョキを出してグーの相手に負けたとすると、その人は、グーに勝てるパーに替える可能性が高い。研究によれば、これはまっとうな戦略だという。なぜなら、相手は勝っている限り同じ手を使う可能性が高いからだ。論文の著者らは、これを「win-stay, lose-shift」(勝てばキープ、負ければスイッチ)戦略と呼んでいる。

 

ついに科学は「じゃんけんで連勝できる方法」を解明した « WIRED.jp

 

ということで

 

じゃんけんで勝つための戦略はこうなる。

 

 

1回目のじゃんけんで負けた場合

 

相手が直前に出した手に勝てる手を出す

 

例えば、

自分 グー

相手 パー

 

だったら、次は

チョキを出す

 

※相手は同じ手を出す可能性が高いため

 

 

1回目のじゃんけんで勝った場合

 

自分が先ほど出した手に負ける手に変える

(相手が1回目に出した手に変える)

 

自分 パー

相手 グー

 

だったら、次はグーを出す

 

※相手はパーに勝てるチョキを出す可能性が高いため

 

 

これ、知ってるだけでかなり違うような気がする。

よく考えてじゃんけんやろうね!

 

 

じゃんけん強い人は、こういうことができてるのかな?

自然に。

 

 

というより、

できるだけ同じ手を出さない

 

それだけでもけっこう違うってことだよね。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+