読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

アーティスト別コンサート観客動員数ランキング2013、ライブ集客数で歌手の人気実力がわかる

音楽

スポンサーリンク

CDの売上で人気をはかる時代は・・

終わったのかもしれません。

 

代表的なのはAKB48ですが

単にCDを売るということではなく

 

握手券や投票権をつける・・

 

ということで、それが欲しくて1人で何枚もCDを買う人がいる

という現状がある以上、

 

それで人気度合いを図るのは難しい。

図解入門業界研究 最新音楽業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

ではどうやってはかるかというと・・

 

 

ライブへ参加している人数

 

 

これはけっこう正確に数字が出るんじゃないでしょうか。

 

 

歌手の大ファンなら

何度も足を運ぶ人もいそうですが

 

それはどの歌手でも条件が同じ。

 

まあ公演ごとに中身を変えていれば

なおさら複数回いく人が増えるわけですが

 

それはアーティストの工夫ですしね。

 

 

コンサート観客動員数ランキングをみてみましょう。

2013年のデータです。

 

 

CDの売上とは・・連動してないですよねー

 

1位  112.4万人  EXILE

2位  89.3万人   東方神起

3位  78.5万人   関ジャニ∞

4位  78.3万人   嵐

5位  71.9万人   BIGBANG

6位  69.3万人   Mr.Children

7位  68.7万人   ゆず

8位  67.6万人   AKB48

9位  59.1万人   B'z

10位 40.7万人   Hey!Say!JUMP

11位 40.1万人   GLAY

12位 39.1万人   V6

13位 39.0万人   FUNKY MONKEY BABYS

14位 37.6万人   ケツメイシ

15位 36.8万人   少女時代

16位 36.6万人   浜崎あゆみ

17位 36.1万人   G-DRAGON

18位 32.4万人   安室奈美恵

19位 29.7万人   ももいろクローバーZ

20位 28.7万人   いきものがかり

 

以下こちらでどうぞ⇣

「ライブ動員数」で見るアーティストの実力 :日本経済新聞

 

いやいや・・

東方神起とかBIG BANGが想像以上にすごいなと。。

 

でもこれでみると

ベテラン歌手の名前も上がってくるので

本当に実力を表してると言えそうですね。

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+