読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』感想・口コミ・評価・評判・レビュー、綾瀬はるか、松坂桃李、あらすじ・ネタバレ

映画

スポンサーリンク

映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』感想・口コミ・評価・評判・レビュー、綾瀬はるか、松坂桃李、あらすじ・ネタバレ 

 

映画館での予告を観て気になっていた作品。

マンガ原作かとおもいきや・・

これ、小説原作なんですねー

 f:id:AR30:20140603150748p:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザの瞳に

文字が描かれているというのは

本当にあったニュースみたいですね。

 

そして、モナ・リザが盗まれたという話も本当のことみたい。

 

そういう現実のニュースを題材にして作品を作るのが

この小説の特徴なんですかね。

 

映画 万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-オリジナル・サウンドトラック

スポンサーリンク

 

松坂桃李さんが、ハリーポッターみたいですよね(笑)

 

 

※※ ネタバレあります ※※

 

 

■ストーリー・あらすじ

 

名画モナ・リザの40年ぶりとなる再来日が決定し、万能鑑定士Qの店主莉子(綾瀬はるか)が臨時学芸員に抜てきされる。莉子は、彼女の密着取材を続行中の雑誌記者悠斗(松坂桃李)と共にパリへと赴き、ルーヴル美術館で実施された採用テストに無事パスする。莉子は同様にテストに受かった美沙(初音映莉子)と一緒に特別講義に出席するが……。

 

 

■感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ

 

★絵のサイズが全く違う!という指摘がけっこうあり。たしかに・・ぼくもルーブル美術館でみたことがありますが、たしかかなり小さい絵だったような・・。ということは、あんなポスターみたいに隠して持ち運ぶ・・なんて不可能。

 

★というように、例えば他にも美術館の警備が甘すぎることとか、いろいろ現実的に言うと「ありえない」設定が多々あります。これは純粋に謎解きするような作品ではない、としてみればありなんじゃないでしょうか。

 

★綾瀬はるかさんを可愛くみせる映画、って感じですね。同時に、松坂桃李ファンにとっても嬉しい作品かもしれません。2人の役者さんの雰囲気が役にあってるなと思いました。

 

★ルーブル美術館で実際に撮影されたらしく、その点はけっこうみものかも。

 

★小説もシリーズですし、今回の話を皮切りに、この映画の興行収入次第では続編が撮られたり、テレビドラマになりそうな気がします。

 

★ただ、途中でちょっと・・ウトウトしちゃい・・寝てしまいました(笑)あまり抑揚の大きくない話ではありました。

 

★「鑑定士」らしい能力を発揮する場面がちょっと少なかった気がします。その魅力を発揮するにはテレビドラマなんかの方が良いような・・。警察官ではない人が事件の解決に挑む・・のはビブリア古書堂の事件手帖っぽいので、ドラマで視聴率とられるかどうかが・・というのが悩みどころでしょうか。

 

★若い女性の観に来ている方が多かったのは、やっぱり松坂桃李ファンなんでしょうか。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+