読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ラグーナ蒲郡、蒲郡市が継承事業者へ10年で30億円支援

テーマパーク

スポンサーリンク

こういう記事が出ていました。

 

ラグーナ蒲郡:市、10年で30億円支援 継承事業者に 条例案を提案へ /愛知 - 毎日新聞
中心施設を民間へ譲渡する蒲郡市のリゾート施設「ラグーナ蒲郡」について、市は2日、継承する事業者に、10年間で計30億円の支援金を交付すると定例記者会見で明らかにした。11日開会の市議会定例会に条例案を提案する。  同施設は、県や市などの第三セクター蒲郡海洋開発が運営している。債務超過に陥っており、県は今年2月、テーマパークなど中心3施設を、大手旅行業の「エイ ...

 これ、ハウステンボスの時の

佐世保市から出された「再生支援交付金」と同じ仕組みですかねー?

蒲郡みかんたると 6個入

スポンサーリンク

 

ハウステンボスの場合は施設の規模がすごかったので

年間8.8億円の固定資産税を10年間無償にする

という、総額90億円規模のものでしたが・・

 

ラグーナの場合はそこまでの規模ではないので

この額なのかなと。

 

だから・・どうなんでしょ?

やっぱり固定資産税の減免ですかね。

 

 

ちなみに、ハウステンボスの場合は2010年度から10年間の約束だったのを

2013年度期で終了したみたいです。

 

つまり、約30億円・・ぐらいまで支援を受けたと。

 

 

うむむ・・

 

 

ということは、

ラグーナもHISが引き受けるにあたり

 

30億円ぐらいの支援があれば、なんとか・・

という目処がたっているということですかね?

 

 

やっぱり、ハウステンボスほどの施設ではないので

投資も必要でしょうし、この額で大丈夫かな・・

というのもありますが、HISとしては算段が立っているんでしょう!

 

 

まあ、ラグーナ蒲郡が倒れると、

愛知県はともかく、少なくとも蒲郡市は困ると思います。

今も宿泊業など、観光で成り立っている街ですが

目をひく施設はラグーナしかないわけですし。

 

でも、一部政治家の人を始め、市民の中にも

第3セクターにこれだけのお金を出すことには反対している人も多いはず。

 

この条例がすんなり通るかどうかは・・

 

 

ただ、通らなくてHISもこないとなると

結局蒲郡市が大きな損害をこおむると思われるわけで・・

 

 

ほかに産業が育っていたり

何か方法があればいいですけどねー

 

出すお金を削る

 

だけでは、これからの成長がのぞめず

衰退していく一方である気がします。

 

 

さて、蒲郡市という陸の孤島に

HISは人を連れて行くことができるでしょうか。

 

まあハウステンボスも陸の孤島だったので。

お手の物かもしれませんが。

 

 

ハウステンボスのように

首都圏でもテレビCMが流れるような施設に生まれ変わりますかね?

 

 

規模はそれほど大きくないので

今のままでは、遠くからわざわざ行く意味がないと思われます。

 

 

将来は、今回HISが受け継がない、東側の余った土地

(ここは市や県、現状の株主?で存続する会社が継承)

も逆にHISというかラグーナ蒲郡が買い取って、

もっと大きい施設にするのか。

 

それとも、何か特徴的な、他ではできないことをやろうとするのか。

 

 

もしかしたら、

 

HISはここでもカジノのオープンを目指していくのか。

 

 

いろいろ期待は膨らみますね。

 

 

ただ、

かなり大変なんじゃないかなーと思います。やっぱり。

 

ハウステンボスほどの施設じゃないですしねぇ。。

現状。。

 

東海地方だと圧倒的に強い

ナガシマリゾートがあるので

そことどう勝負していくのか。

 

 

イルミネーションとか、

ナガシマリゾート「なばなの里」を超えるようなものをやるんでしょうか?!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+