読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ARROWS F-05F ケース・カバー・保護フィルム、人気おすすめAmazonランキング、富士通 NX docomo

スマホ

スポンサーリンク

ARROWS F-05F ケース・カバー・保護フィルム、人気おすすめAmazonランキング、富士通 NX docomo

 

アロウズもかなり人気なスマートフォンです。

ドコモ・スマホの中でF-05Fを選ぶ人が多いはず。

 

こういう見た目です。

 

iBUFFALO ARROWS NX F-05F専用 気泡が消える液晶保護フィルム 反射防止タイプ BSMPF05FFT

 

スポンサーリンク

この端末の特徴は

 

・変換機能が賢い

・直射日光でもみやすいディスプレイ

・高性能2,000万画素を超えるカメラ

 

しかも、バッテリーの持ちがとても良いそうで。

 

 

なるほど、手放せないスマホになると思います。

 

そんなスマートフォンを守るためには

カバーやケース、保護シールが重要です。

 

 

カバー・ケースは素材や機能、形状がいろいろあります。

やわらかい・薄い、見た目がカッコイイ、

手帳のような形をしているなど。

 

保護フィルムは、機能と使いやすさ。

プライバシー保護や、ガラス製で薄いやつなど。

 

 

とにかく売れてて人気のAmazonオススメアクセサリーなら

安心だと思います。

 

こちらでどうぞ。

 

 

 薄くてすぐ使えるケース。

液晶保護フィルムもついてるので、便利。

iBUFFALO ARROWS NX F-05F専用 イージーハードケース 液晶保護フィルム付 クリア BSMPF05FH2CR

iBUFFALO ARROWS NX F-05F専用 イージーハードケース 液晶保護フィルム付 クリア BSMPF05FH2CR

 

 

 

 ブルーライトは目を疲れさせるそうなので

毎日みるスマホの画面には必須かも。

 

 

 レザージャケットは高級感をアップさせる。

フラップタイプで、画面もカバー可能です。

 

 

 指紋防止でキレイに保つことができる保護フィルム。

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 9H光沢指紋防止ガラスフィルム RT-F05FF/GF

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 9H光沢指紋防止ガラスフィルム RT-F05FF/GF

 

 

 

 ハードケースだと心配な人は

ソフトケースで守りましょう。

iBUFFALO ARROWS NX F-05F専用 ソフトケース 液晶保護フィルム付 クリア BSMPF05FTCR

iBUFFALO ARROWS NX F-05F専用 ソフトケース 液晶保護フィルム付 クリア BSMPF05FTCR

 

 

 

 キラキラで目立つこと間違いなし。

 

 

 シェルジャケットは背面をキレイに包むことができるケース。

 

 

 マットないろだと、あまり主張しない感じになります。

ブラックでシンプルなのが好きな方向け。

 

 

 すべすべタッチで触り心地が良い!

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 すべすべタッチ 光沢指紋防止フィルム RT-F05FF/C1

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 すべすべタッチ 光沢指紋防止フィルム RT-F05FF/C1

 

 

 

 反射防止で日光の下でもみやすい。

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 さらさらタッチ 反射・指紋防止フィルム RT-F05FF/H1

レイ・アウト docomo ARROWS NX F-05F用 さらさらタッチ 反射・指紋防止フィルム RT-F05FF/H1

 

 

 

 透明・クリアなケースはとてもシンプル。

ハードケースで薄さも。

 

 

 クリアの中でもキレイなクリア。

ELECOM ARROWS NX F-05F ソフトケース クリスタルクリア 液晶保護フィルム付 PD-F05FUCTCR

ELECOM ARROWS NX F-05F ソフトケース クリスタルクリア 液晶保護フィルム付 PD-F05FUCTCR

 

 

 

 シリコーンジャケットなら落ちても安心です。

 

 

 グラデーションがキレイなケース。

 

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+