読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

今後の最新の記事は、ほとんど、顔だけ黄色い人というブログで公開しています。このブログもたまに更新します(笑)

仙台市太白区茂庭に、アニメキャラクターの体験型複合施設「WARASCO(わらすこ)」建設を発表

これは・・・

本当にちゃんと実現するんでしょうか。。

 

復興

 

ということらしいですが

集客100万人、売上70億円を目指す

ということで・・

 

人気アニメキャラクターを取り込まないと

不可能だと思いますが

 

今みてる感じだと、

コンテンツホルダーとの交渉はこれから・・みたいな。。

 

その部分が一番重要な気がします。

 

コンテンツを持つ側からすると

「相応なお金払ってくれるなら、それなりの使い方はしてもよい」

というレベルのお付き合い程度・・でしか関わらない気がします。

 

そうすると、

たいした展示やイベントの展開はできないので

わざわざ東北まで行って体験する価値がある施設になるのかは・・不透明。

 

どこかの権利元が全面協力します

と言ってるなら別ですけどね。

 

アニメキャラを使った集客は

全国各地でいろんな施設がやってますが

それだけではなかなかお金にはならない

というのが正直なところだと思います。

 

 

まずは本当に実現するのか?

そこを見守りたいと思います。

 

仙台・茂庭にアニメキャラ施設 16年春開業

 仙台市太白区茂庭で進む土地区画整理事業で、アニメキャラクターを中心にした体験型複合施設「WARASCO(わらすこ)」が計画されていることが25日、分かった。2016年春のオープンを目指す。設計コンサルタントなどでつくるWARASCO開設準備室が同日発表した。

 区画整理事業用地19.7ヘクタールのうち、国道286号沿いの3.5ヘクタールに建設する。計画によると、キャラクターパビリオン棟2棟とセンター棟(いずれも3階)からなり、延べ床面積は1棟当たり6000~1万平方メートル。

 メーンのキャラクターパビリオン棟では、アニメやマンガの世界観を再現。大画面を使った体感ミニゲームなどのアトラクションや原画の展示、関連商品のショップも展開する。

人気アニメの「ポケットモンスター」や「エヴァンゲリオン」など5~10程度のキャラクター展示に向け協議を進めている。

 センター棟には飲食店のほか、コスプレや撮影会、ヒーローショーなどを開くイベントスペースを設ける。

 着工は11月の予定で、16年5月の大型連休に合わせてオープンする。
総事業費は約100億円。50~70人を新規雇用する。

年間の来場者は100万人以上、売上高は約70億円を見込む。

 準備室のメンバーで、創コンサルティング(仙台市)の佐々木茂社長は「子どもも大人も楽しめる施設を目指すとともに、活気のあるまちにしていきたい」と話した

 

仙台市にアニメキャラを中心にした体験型複合施設を建設予定! 年間の来場者は100万人以上、売上高は約70億円を見込む|やらおん!

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について