読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

BUMP OF CHICKEN 新曲「You were here」公式YouTube動画PVMVミュージックビデオ、バンプオブチキン、ユーワーヒアー

音楽

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKEN 新曲「You were here」公式YouTube動画PVMVミュージックビデオ、バンプオブチキン、ユーワーヒアー

 

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)とは

1994年デビュー。

 

グループ名は「弱者の反撃」という意味らしい。

 

全員が1979年生まれで千葉県佐倉市出身。

 

BUMP OF CHICKEN「You were here」
2014年8月1日(金)配信限定リリース

今作は、ツアー「WILLPOLIS 2014」で全国をまわっている最中に藤原基央(Vo, G)が書き上げた新曲。そのため、ライブに対してメンバーが感じているリアルで実直な­思いや、ライブという空間を一緒に作り上げてくれているオーディエンスに対する深く熱­く切実な気持ちが綴られています。強く美しい歌声は、このツアーに実際に参加した人の­みならず参加できずに思いを馳せた人……BUMP OF CHICKENのサウンドに魅了されているさまざまなファンの胸の奥まで響く、掛け替­えのない1曲になることでしょう。

ミュージックビデオはBUMP OF CHICKENのほとんどの楽曲でディレクションを手掛ける番場秀一監督が全国各地の­ツアーに同行し、各地でのライブの映像のみならず、移動の風景、楽屋、打ち上げ、ホテ­ルでの様子までも撮影しました。そして、それらすべてを切り取り、ツアー各会場におけ­る素晴らしい観客たちや景色などと混ぜ合わせながら、ロードムービー調の感動的な映像­作品に仕上げました。

 

f:id:AR30:20140801120736p:plain

 

 

You were here

You were here

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+