読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

日テレ24時間テレビ歴代マラソンランナーの名前、年齢と走行距離

TV

スポンサーリンク

24時間テレビといえば、今では日テレとフジテレビがやってますが。

毎年注目されるのが、そう、日テレ24時間テレビの

マラソンランナー。

 

昔は・・なぜか、100km走る

というイメージがありました。

 

なぜかというと、

このマラソンが始まった当初の方が今よりも走行距離が長かったから

なんですかね。

 

しかも、たぶん昔の方が視聴率が高かったでしょうし。

 

では、どういう人がこれまで

このチャリティーマラソン(?)に挑戦してきたか・・

思い出そうとしても、よくわからない・・

ので、まとめてみました。

ジャニーズ 公式生写真 TOKIO 【城島茂】

 

 

★日テレ24時間テレビ 歴代マラソンランナー

 

1992年 間寛平(1回目)   200キロ 

    43歳


1993年 間寛平(2回目)   200キロ

    44歳


1994年 ダチョウ倶楽部    100キロ

    (肥後克広31歳 寺門ジモン31歳 上島竜平33歳)


1995年 間寛平(3回目)   600キロ

    46歳 神戸~東京を7日間で完走


1996年 赤井英和       100キロ

    33歳

    日本列島を600人がリレー


1997年 山口達也       100キロ

    25歳


1998年 森田剛        100キロ

    19歳


1999年 にしきのあきら    110キロ

    50歳


2000年 トミーズ雅      150キロ

    40歳


2001年 研ナオコ       85キロ

    48歳


2002年 西村知美       100キロ

    31歳


2003年 山田花子       110キロ

    28歳


2004年 杉田かおる      100キロ

    39歳


2005年 丸山和也       100キロ

    59歳


2006年 アンガールズ     100キロ

    (田中卓志30歳 山根良顕30歳)


2007年 萩本欽一       70キロ

    66歳


2008年 エド・はるみ     113キロ

    44歳


2009年 イモトアヤコ     126.585キロ

    23歳


2010年 はるな愛       85キロ

    38歳


2011年 徳光和夫       63.2キロ

    70歳


2012年 北斗昌ファミリー   120キロ

    45歳

    (佐々木健介46歳、佐々木健之介13歳、佐々木誠之助9歳)


2013年 森三中 大島美幸    88キロ

    33歳


2014年 城島茂        101キロ

    43歳

 

 

このマラソンについては、いろんな疑惑とか

逸話があるみたいで。

 

やっぱりテレビの番組ですから

スケジュールが決まっていて、できるだけそれに合わせようとする。

 

真実はわかりませんが・・

途中で走らずにクルマに乗って移動したのではないか・・とか・・

これは誰なのかはネットで検索すればわかりますが、

 

途中で「エンディングに間に合わない」となれば

「やらせ」をやってしまう・・やってしまっていた

というのはありえる話じゃないかなぁとは思います。

 

逆に「早く着きそう」となっている場合は

あえて休憩を入れて、エンディングに合わせるよう調整をしていると言われていますし。

 

ちょうどよくエンディングでゴールするって

普通に考えると、無理ですよね。

ありえるとすれば、余裕で走られる距離に設定して、

途中であえて休み休み走る・・という方法しか。

 

 

ただ、それができたのは昔の話。

今はインターネットやSNSが普及して、

誰でもすぐに情報発信できるようになってしまいましたので

 

たとえば「途中でワープ」したりはできなくなりました(笑)

昔はある区間を、

当時のマラソン記録より早い速度で走ったことになる

ようなこともあったみたいですけど。

 

今は、「追跡班」と呼ばれる人たちが

ずっとランナーを追いかけて、ネット上で発信しているので

どこをどうやって走っているか、逐一視聴者側から情報が寄せられてしまいます。

 

だから少なくともここ最近は

確実にその距離を走ってるみたいです。

 

まあ・・ウソはついてほしくないですよね・・番組の主旨から考えても。

(あ、ほんとに嘘ついてたかはわかりませんけど)

 

で、結果、ここ最近は

番組エンディングに間に合わなくなることが何度も発生。

 

あとの番組内でそのままゴールシーンを放送する・・という流れだったそう。

 

ただし、イモトアヤコさんの時は選挙特番が入っていたため

生中継がなかったとか。

 

うーん・・これはどうなんでしょうね?

やっぱり選挙特番を放送するべき!という人もいれば

選挙特番自体は他のチャンネルでも放映してるんだから、

日テレは、それまで気にしてみていた視聴者のためにも

マラソンのゴールシーンを放送するべきだった、という声も。

 

なんとなく・・

 

日テレ内の報道班が

「バラエティ(24時間テレビ)のために、重大な政治ニュースを

飛ばすなんて言語道断!」

等と言って、押し切ったのでは・・と・・

 

どうしても、選挙特番は日テレでみないとイヤだ!

って人がいるのか・・ちょっと疑問ですけど・・(笑)

 

 

最近はそうでもなくなりましたけど、

 

一時期はこのマラソンランナーって

ちょっと落ち目になってきたタレントの再生・・みたいなイメージもありましたよね。

 

まあこれで実際「再生」になったかは不明ですけど

たしかにこれを走れば、その後半年間?一年間ぐらいは

そのマラソンについて語る番組とか、講演とかいろいろ仕事増えそうですしね。

 

 

ということで、

2015年は、いったい誰になるんでしょうか・・

 

本気で人気の、俳優・女優がやれば

相当視聴率取れそうですけど・・たぶんそういう人はやりませんよね・・

 

だって、スケジュールがおさえられないでしょうし。

 

走ったあとも、しばらくは普通の仕事できないかもしれないし。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+