読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone6/Plus と iPhone5S/5C とのスペック比較表

iPhone

スポンサーリンク

iPhone6とiPhone6Plus、ついに発売になりますね!

今日から予約開始!ということで、みなさんドキドキしてるのではないかと思います(笑)

 

でも・・実は、

新しいアイフォーンはどれくらいすごいのか。

 

旧型と比較してどう機能が違うのか。

スペックは?

というのがよくわかっていない人も多いのではないかと思います。

 

そこで、2014年発売のiPhoneとそれまでのものとを比較してみたいと思います。

 

詳細をよく確認してから

購入してみましょう!

 

 

f:id:AR30:20140912155743p:plain

 

 

★ディスプレイ

 

iPhone 6 PlusiPhone 6iPhone 5SiPhone 5C
5.5インチIPS液晶(1920×1080ピクセル、401ppi)、コントラスト比1300:1、最大輝度500カンデラ/平方メートル、フルsRGB、より広い視野角のためのデュアルドメインピクセル、耐指紋性撥油コーティング(前面)拡大表示、簡易アクセス 4.7インチIPS液晶(1334×750ピクセル、326ppi)、コントラスト比1400:1、最大輝度500カンデラ/平方メートル、フルsRGB、より広い視野角のためのデュアルドメインピクセル、耐指紋性撥油コーティング(前面)、拡大表示、簡易アクセス 4インチIPS液晶(1136×640ピクセル、326ppi)、コントラスト比800:1、最大輝度500カンデラ/平方メートル、フルsRGB、耐指紋性撥油コーティング(前面) 4インチIPS液晶(1136×640ピクセル、326ppi)、コントラスト比800:1、最大輝度500カンデラ/平方メートル、フルsRGB、耐指紋性撥油コーティング(前面)

 

iPhone 6Plusがとくに大きい端末なんですけど、

iPhone 6も大きくなってるんですよねー。

僕としては実は、iPhone4Sのサイズが好きだったので、小型版を出してくれないかと思うのですが・・

 

解像度は6Plusは高いみたいです。

大型化しても画質が下がるわけではないんですね。

 

とにかくキレイな画面になっていることは間違いなしです。

 

 

★サイズ(大きさ)・重さ

 

iPhone 6 PlusiPhone 6iPhone 5SiPhone 5C
158.1×77.8×7.1ミリ 138.1×67.0×6.9ミリ 123.8×58.6×7.6ミリ 124.4×59.2×8.97ミリ
172g 129g 112g 132g

 

 大きくなる分、重くなってます(笑)

あたりまえか。

 

ただ厚みが・・6 Plusでさえも薄くなってる!

 

 

★カメラ・ビデオ

 

iSightカメラ(背面カメラ)は

iPhone6/Plusでは「Focus Pixels」を採用していて、オートフォーカス(AF)が今まで以上に早くて正確にできるそうです。

6 Plusは光学式手ブレ補正を搭載しているとのこと。

 

前面カメラ(FaceTimeカメラ)は

iPhone6/Plusの特徴として

・f/2.2開口部

(iPhone5Sでは、f/2.4の開口部)

・強化された顔検出

・バーストモード

 

ビデオは

iPhone6/Plusの特徴として

・1080pHDビデオ撮影「30fpsまたは60fps」

(iPhone5Sでは「30fps」)

・スローモーションビデオ「120fpsまたは240fps」

(iPhone5Sでは「120fps」)

・映画レベルのビデオ手ブレ補正

・連続オートフォーカスビデオ

 

カメラは本当に利用頻度が高いので

どんどん高性能化してくれてうれしい。

 

もはや、ビデオについても

デジカメとか、ビデオカメラが要らないなぁと思う、今日このごろ・・

 

家電メーカーやばいよね。

 

 

★チップ

 

iPhone6/Plusでは

・64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ

(5SではA7)

・M8モーションコプロセッサ

(5SではM7)

 

より高速に、

同時作業も多くできる・・・

と良いんですけどーー

 

 

★無線LAN規格

 

iPhone6/PLUSでは

・802.11a/b/g/n/ac Wi‑Fi

(iPhone5Sは、802.11a/b/g/n Wi‑Fi)

※iPhone5Sより最大で3倍高速化するとか。

 

外で使いすぎるとすぐに上限の7GBまでいっちゃうので、

無線LAN使う頻度も高い。

ということで、高速化はありがたいですね。

 

 

★バッテリー能力・電池・充電

 

 iPhone 6 PlusiPhone 6iPhone 5SiPhone 5C
連続通話時間(3G) 最大24時間 最大14時間 最大10時間 最大10時間
連続待受時間 最大16日間 最大10日間 最大10日間 最大10日間
ネット利用可能時間 3Gで最大12時間/LTEで最大12時間/Wi-Fiで最大12時間 3Gで最大10時間/LTEで最大10時間/Wi-Fiで最大11時間 3Gで最大8時間/LTEで最大10時間/Wi-Fiで最大11時間 3Gで最大8時間/LTEで最大10時間/Wi-Fiで最大11時間
ビデオ再生時間 最大14時間 最大11時間 最大10時間あ 最大10時間
オーディオ再生時間 最大80時間 最大50時間 最大40時間 最大40時間

 

本体が大きくなって、ディスプレイがデカく鳴ってる分、

電池のヘリが早そう・・

と思いきや、なんと電池の持ちは大きい方が長い。

 

よく考えたら、本体が大きいということは

それだけバッテリー電池を多く積めるということなので

ある意味当たり前なのかも(笑)

 

 

★その他

 

ほかには・・

 

NFC(近距離無線通信技術)が搭載されて、Apple独自の決済サービスも始まるとか。

 

となると・・日本で普及している

SuicaやPASMOのような交通系のICカードや

日本で使われているポイントカードも・・

と期待したいところですが

 

日本はソニーの独自規格?の

FeliCaで、iPhone6は非対応っぽいです。

 

ということで

決済については・・

既存の手持ちカードを合わせて使う・・

のは難しそう。。

Appleの決済サービスが普及すれば・・といっても

けっこう先ですよねぇ。

 

ただ、NFC対応だとこういうことができるとか。

 

・スピーカーやカメラなど周辺機器とのペアリング
・テレビなどNFC対応家電との連携
・写真や動画などのデータを端末間で送受信
・NFCタグを使ったスマホ操作の自動化(Wi-Fi接続の認証など)
・入館証などIDカード代わりに利用
・チケットやクーポンなどを利用
・ポスターなどからのクーポン取得

 

こういうことが簡単にできるようになるそうなので

それはそれで良いこと。

 

できれば、日本で普及してる

FeliCaにも対応してもらえると・・

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+