読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone6/iPhone6 Plus 防水ケース おすすめ人気Amazonランキング

iPhone

スポンサーリンク

iPhoneは、使えば使うほど手放せなくなる端末です。

スマホの中でも、Macとの親和性などを考えると、

より利用者の身近にある端末なのかなぁと思います。

 

だから重要な情報から

日々確認するものまで、ありとあらゆる情報を入れて使うことに。

 

そうなった時に気になるのが・・

壊れたとき!

 

そう、急に壊れてしまったら・・

必要な時に必要な情報が取り出せない・・

 

そうなったら大変困ります。

 

 

壊れるシチュエーションで一番多いのが

水濡れ。

 

水の中に落とすとか、水にかかってしまう

雨に濡れてしまうなど・・

 

iPhoneは水には弱い。

他のスマホのような防水機能はついてないので・・

なんとかして防水の能力を持たせたい。

 

そうしたときに有用なのが

防水ケース。

 

ケースが防水であれば、ある程度は安心です。

ケースによって防水レベルは違うと思いますが、

ぜひ、Amazonで人気の

防水iPhone6/iPhone6PLUSケースを選んでみてください!

 

 

★iPhone 6 Plus

 

 

iphone6 plus 防水ケース/カバー アイフォン6 plus カバー/ケース/ジャケット ブランド ハードカバー フレーム 保護ケース ハードシェル  防塵 耐衝撃  レッド iフォン スマホアクセサリーIPHONE6P-WF-W40910 (ブラック)

グレーとブラックのクールな見栄え

防水だけでなく防塵機能も備えたすぐれものです。

 

iPhone6 Plus 防水ケース  アイフォン 6 Plus カバー 耐衝撃 防塵 スポーツ アウトドア iPhone6Plus ケースIPHONE6P-WS-W40915 (レッド)

レッドも。

 

【全4色】IVSO オリジナルiphone 6 plus (5.5インチだけ適用) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (ブラック)

耐衝撃で「完全防水」とまで言い切っている

色が素敵な防水ケース

【全4色】IVSO オリジナルiphone 6 plus (5.5インチだけ適用) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (ブルー)

ブルーもあります。

 

 

 

★iPhone 6

iPhone6 Plus 対応のものと間違えないよう

Amazonサイトでも、よく確認して買ってくださいね。

 

ただ写真の見栄えだけだと見分けがつかないことも多いので。

【全4色】IVSO オリジナルiPhone 6(4.7インチ) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (レッド)

【全4色】IVSO オリジナルiPhone 6(4.7インチ) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (ブルー)

【全4色】IVSO オリジナルiPhone 6(4.7インチ) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (ブラック)

【全4色】IVSO オリジナルiPhone 6(4.7インチ) 専用上質PUレザーケース 完全防水・防塵・防磨耗 超薄型 最軽量 スマートフォンケース 専用防水防塵ケース 防水防雨防磨耗のシリーズ (ゴールド)

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+