読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ、佐藤健・武井咲・伊勢谷友介・江口洋介・藤原竜也・福山雅治

映画

スポンサーリンク

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ、佐藤健・武井咲・伊勢谷友介・江口洋介・藤原竜也・福山雅治

るろうに剣心 伝説の最期編 オリジナル・サウンドトラック

 

前編である「京都大失火編」をみてきたので。

映画『るろうに剣心 京都大火編』感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ、佐藤健・武井咲・伊勢谷友介・江口洋介・藤原竜也・福山雅治 - はてなで泣いた

 

続けて、完結編となる

「るろうに剣心 伝説の最期編」をみてきました。

 

原作のマンガは読んでないんですが、これって完結のエピソードなんでしょうか??

 

先にちらっと言っておくと、

別にこれで終了!!としなくても良いかな?というような内容でした。

 

出演されている佐藤健さんも

「物事を考える時に、剣心ならどう考えるか、と考えたりする」

と言われるぐらい、役を気に入られているようですし、

もしかしたら続編も・・なんて思っちゃうんですが、

 

完結って言われているので、一区切りなんでしょうね。

 

 

※※ ネタバレあります ※※

 

 

★あらすじ・ストーリー

 

かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられ“最強”の伝説を残した男・緋村剣心(佐藤健)は、新時代を迎え、神谷薫(武井咲)ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実(藤原竜也)を討つよう依頼される。志々雄は新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に復活、京都で戦闘集団を作り上げ日本征服を狙っていた。剣心は必死で止める薫に別れを告げ、京都へと向かう。かつては剣の腕も頭脳も剣心と互角だったが、今や誰もが恐れる魂の凶悪さを持つ志々雄とついに宿命の対面を果たす剣心。だが、志々雄は部下の瀬田宗次郎(神木隆之介)に相手を命じ、その最速の技は剣心の逆刃刀を真っ二つにしてしまう。さらに剣心は、元御庭番衆の四乃森蒼紫(伊勢谷友介)が自分を狙っていることを知る。彼は、剣心に勝って己こそが最強だと証明しようとしていた。逆刃刀を失くし、最大の危機に立つ剣心のもとへ、薫と仲間たちが駆けつける。一方、志々雄は京都大火を企てるが、その炎の影には恐るべき陰謀が隠されていた……。

 

 

★感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ

 

★やっぱり、原作のことはよくわからないんですが(笑)「番外編」なんかもあったりするみたいなので、また続編が作られる可能性は否定出来ないかなと(笑)

 

★アクションシーンが満載です。とくに殺陣。チャンバラシーン。

当たり前だと思うんですが、今までぼくは意識してみていなかったこととして、チャンバラシーンは早回しになっているということ!

そりゃそうですよね・・あれだけの剣さばきを、あのスピードでやってたら、役者さん同士がどれだけ息を合わせてもきっと失敗して切ってしまいます。今回初めて「あ、そうか!これってもう少しゆっくりで撮影して、早回しでみせているんだな!」と気付きました(笑)でないと、あれだけの剣での戦いはできないですよね、そりゃあ(笑)江口洋介さんとか、神木隆之介くんとか、よくこんなに早く剣を動かして、しかもかなり素早く動くことができるなぁ〜〜なんて途中まで思ってましたが、そうか!早回しかと。そうやってみれば、納得。それでも、迫力あるシーンになってますけどね。神木隆之介くんとか、イメージにない動きだったので、正直びっくりしました。

っていうか、昔は早回しとかなかったのかもですね。こういうやり方自体が新しいのかもしれない。でもこれによってより迫力ある、今までにない感じのアクションになっていると感じました。

 

★内容とあんまり関係ないんですけど・・武井咲さんの二重がキレイすぎるなと・・(笑)

昔はそこまで二重じゃなかったような・・いや、勘違いかな?(笑)

 

 

★やっぱりCG技術ってすごいなと。海上で沈みゆく船をみつめるシーン。あんまり違和感ないんですよね・・ああいうの、昔はできなかったんだろうなと。

あと、大爆発の中を駆け抜ける武井咲さんとか(笑)あんなの、今のトップ女優にそんなことさせられませんよね(笑)火傷、大怪我しちゃう(笑)

 

★血が多い映画です。そういうの苦手な人は・・やめた方がいいかも。まあ、藤原竜也さんのビジュアルは最初からかなりグロ目ですが。あ、藤原竜也さんファンは・・声ぐらいしか楽しめません(笑)正直、ずっと包帯をぐるぐる巻きにしてるので、別人でもわからないです。

 

★あとから声を当ててるとかんがえると、藤原竜也さんとか、すごい表情で声を出してるんだろうな〜と想像しちゃいました。福山雅治さんとか、佐藤健さんも戦いのシーンの声をあとから入れるのって本当に大変だと思います。でも違和感ありません。すごい。

 

★土屋太鳳さん。来年でしたっけ?NHKの朝ドラヒロインに決まったとどこかのニュースでみたような気が。この方、ずっとまえから、KARAのギュリに似てるなと・・

 

フォトテクニックデジタル 2012年 12月号 [雑誌]

KARA/スクエアクッション/ギュリ

 

いや、なんとなくですけど。

 

★飛天御剣流の奥義を教えてもらいに、剣心が師匠である比古清十郎に鍛えてもらうんですが、なんというか、チャンバラ的な剣さばきよりも体術・・というか、殴る蹴るの方が印象的でした(笑)実は、剣の合間に入るそういう体術こそが奥義なのではと思っちゃいました(笑)

 

★志々雄真実が強すぎた・・(笑)最後、主役級といえる人たちが勢揃いして、みんなでよってたかって志々雄・藤原竜也をめった打ちにしようとします。が、やられない(笑)緋村剣心・佐藤健、四乃森蒼紫・伊勢谷友介、斎藤一・江口洋介、相楽左之助・青木崇高、この4人がかりで1人の志々雄と対決(笑)いやいや、このメンツだったら、志々雄が銃で応戦しない限り絶対倒せるでしょ、現実世界だったら。だが、やられない。最終的には「15分で身体が燃えてしまう」というタイムリミットに助けられた感じで自滅・・。いやいや、それがなかったらたぶん最強だったでしょう。だって、剣が振ると燃えるんですよ!ありえない(笑)スターウォーズみたいになってました。

 

★というか、15分しか戦えないような人が、よくあれだけの組織を作ることができたなと。まあ、これまでは雑魚しかいなくてどの戦いも5分で勝てたってことかもしれませんけど。。まあ、汗をかくことができない身体で生きていられる、ということ自体がすでに人間ではないってことかもしれませんけど。

 

★伊藤博文・小澤征悦さんが志々雄の船にやってくるところがありますが、無防備すぎ(笑)あれだけの犯罪行為というか、戦争をしかけてきている相手のもとへ行ったら、普通は帰れませんよー。

 

★今回も相変わらず滝藤賢一さんの小物感がよかったです。あ、でも、剣心が斬首されそうになるシーンで、これまで剣心がころしてきた人の名前を読み上げるところ、あそこはなかなか力強い声で良かったなと感じました。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+